• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

遊びは創造力のインフラ

仕事中毒の人ほど夏休みを楽しむべし

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2009年8月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 7、8月はバケーションの季節だ。大学の研究室の活動の中でも、一度気分転換して教員と学生、それに学生間の信頼関係を築く時期でもある。だから、この時期には毎年1泊2日の研修旅行を行う。

 今年は7月18日と19日に総勢31人で伊豆に行った。研究の討論が中心だが、夜には飲み明かして、最終日の午後は全員参加のテニス大会になる。ちょうど17年前、教授に昇任した私を祝って、その時の学生たちがアメリカズカップにならったミヤタズカップのテニス大会を始めてくれたのだ。未経験を含めた全員がダブルスの試合をトーナメント形式で行い、カップを目指すのだ。

 44歳の時に始めたテニスもそこそこうまくなって、中級から上級の境い目の腕前になっている私なので、研究室のテニス大会では優勝候補に上ることもある。だが、今年は違った。新しくメンバーになった4年生と修士1年生にテニスサークル所属の学生が多かったのだ。「S君はかなりうまい」という前評判だった。学内テニス大会で好成績を残したらしかった。

 昨年は「負けませんよ」と言った修士1年生のM君を見事に打ち負かして悦に入っていたのだが、今年は駄目だった。2年生になったM君をパートナーにしたS君と対戦したのは最後の試合だった。私のパートナーのMT君が頑張ってくれたのだが、完敗だった。

スポーツやレジャーがなければ仕事はできなかった

 スポーツもレジャーも、人生のうえで非常に大切なことである。ほとんど仕事中毒人間になってしまった私でも、テニスというレジャーに出会えていなかったら、アメリカズカップをはじめ色々な難しいプロジェクトのマネジメントはできなかったかもしれない。

 何より健康と元気が大切なのだ。経済不況を乗り越えるためにも、この夏休みはたくさん楽しんで英気を養うことがいいと思う。

 大学院を卒業して石川島播磨重工業(現IHI)に入社する時、配属面接があった。人事部が考えた私の最初の配属先は、兵庫県相生市にある造船所の詳細設計部だった。私は船の全体設計を担当する本社の基本設計部を希望していた。

 人事部員は言った。

 「真藤さん(船舶事業部出身の社長)を支える仕事をしてほしいから、まず工場設計から入ってほしいのです」

コメント4

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の未来は、男性と同じ程度、女性のリーダーが作っていくものだと確信している。

ビル・エモット 英エコノミスト誌元編集長