• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

新政権の環境政策、かくあるべし

環境ビジネスの成長なくして日本経済の発展なし

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2009年9月1日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 民主党が政権を担うことになった。国民としての気持ちを一言で言えば、期待と不安こもごもというところだろうか。かつての細川政権のように無様なことにならないで、これからは政権交代が普通に行われることを期待したい。政権が交代する可能性があることが政治にも行政にも大きな緊張感を与え、健全性が高まったり、色々な質的向上が期待できると思うからだ。

 考えようによっては、政治や行政というのは随分易しい仕事だ。なぜならば、民間ビジネスなら、売り上げてお金を得ることに最大の努力が払われるのに、政治や行政にはその部分がない。徴税制度によって自動的かつ強制的に構成員からお金を集めることができるのだ。

 自分が汗水流して苦労して集めたお金なら、もっとよく考えて丁寧に使うのだろうが、強制的に徴収して集められたお金なので、使い方がいい加減になることも少なくないようだ。

 景気刺激のための15兆円規模の2009年度補正予算はバラマキの最たるものだった。5億円、20億円単位のお金が、実効性が疑われるテーマに対してたくさん計上されている。苦労して稼いだお金のかなりの部分が国に集められ、それが無駄に使われてしまっている例も少なくないということだ。

 民主党のマニフェスト(政権公約)を見ると、全体的にはバラマキ中心と言えよう。選挙対策として作ったとしても工夫の足りない政策だ。しいて評価できるのは、そのバラマキのベクトルが少子化対策に向かっていることと、年金問題に対しては新しい制度設計を行おうとしていることであろう。

100円の資金で150円を生み出す「国の経営」を

 政治と行政は、国の経営である。国全体の最適化を目標としながら、国民個人の部分最適を同時に実現させなければならない。どんな世界でも同じなのだが、部分最適と全体最適を両立させるのは困難なこと。経営でも設計でも同じだ。

 経営は一言で言えば、価値を増幅する活動である。100円の資金で150円の価値を生み出すようにするのが一般的な経営目標である。100円で1000円を生み出すことができれば、それはきっと時流に乗った素晴らしい経営だろう。

 資金を再配分するだけで新しい価値を生み出すことは、ほとんどありえない。社会保障の分野では、資金の再配分がかなりの部分を占めることはやむを得ないというか、それが中心的な機能になるだろう。防衛、外交、安全保障の世界ではそもそも価値の判断がもっと複雑である。

 しかし、教育、医療、経済、産業育成、社会基盤、環境の分野では、再配分的な行政を続けていたのでは、この国が疲弊してしまう方向の流れが止まらないだろう。新たな価値を生み出す制度や仕組みを作ったり、常に修正していくことが中心的なテーマでなければならない。

 環境エネルギー政策でも、もちろんそうだ。経済産業省の政策の基本はバラマキである。エコポイントもそうだし、色々な補助金の出し方もバラマキ的である。

コメント2件コメント/レビュー

環境問題というとすぐにCO2の削減に結び付ける傾向がありますが、先進各国の動きをみていると真の目的はエネルギーの安全保障政策にあると思います。先ごろIEAの研究者が「世界の資源量の3/4を占める800以上の油田について分析したところ、多くが生産のピークを過ぎ、5年以内に供給不足が起きて経済に大きな影響が出る可能性がある」と異例の発表をしていますが、我が国にとっては食料自給率40%より、エネルギー自給率がわずか1%のほうがより深刻な問題であることを認識するべきでしょう。廃棄物のセルローズをアルコールに変える技術、藻から石油を抽出する技術や圧電素子発電など、他国よりも先進的な研究が小規模ながら進んでいますが、こういった自然エネルギーの利用技術を国家プロジェクトとして育てていくことが重要課題ではないかと考えます。(2009/09/01)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

環境問題というとすぐにCO2の削減に結び付ける傾向がありますが、先進各国の動きをみていると真の目的はエネルギーの安全保障政策にあると思います。先ごろIEAの研究者が「世界の資源量の3/4を占める800以上の油田について分析したところ、多くが生産のピークを過ぎ、5年以内に供給不足が起きて経済に大きな影響が出る可能性がある」と異例の発表をしていますが、我が国にとっては食料自給率40%より、エネルギー自給率がわずか1%のほうがより深刻な問題であることを認識するべきでしょう。廃棄物のセルローズをアルコールに変える技術、藻から石油を抽出する技術や圧電素子発電など、他国よりも先進的な研究が小規模ながら進んでいますが、こういった自然エネルギーの利用技術を国家プロジェクトとして育てていくことが重要課題ではないかと考えます。(2009/09/01)

沖縄に充電スタンドを集中設置するというのは面白いし賛成だ。沖縄へ車を持ち込むことはまれで、本土からの訪問者はビジネスでも観光でもほとんどがレンタカーを利用する。スタンドの整備が進めば、電気自動車の普及は一気に進むだろう。(2009/09/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長