• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

民主政権がクルマの使い方を変える

暫定税率廃止で購入・保有・使用のコスト軽減

  • 池原 照雄

バックナンバー

2009年9月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 民主党政権の誕生は、購入から保有、使用に至るまでクルマの費用軽減をもたらす。マニフェスト(政権公約)の柱に、旧道路特定財源の暫定税率廃止と、高速道路の段階的無料化が掲げられたからだ。税金は下がらないものと諦めの境地で40年クルマを乗ってきた筆者にはある種、夢のような話である。

 財源問題、ガソリン価格の低下や高速道路料金の無料化による環境負荷の増大といった懸念材料は少なくない。しかし、先進諸国では突出していたクルマへの課税が大幅に軽減され、やがて高速道路も料金を気にせず走れるようになる。物流費の改善といった生産活動だけでなく、クルマによる旅行機会の拡大など生活スタイルの変化にも大きなインパクトをもたらすことになろう。

 暫定税率が廃止されるのは、従来、道路整備のための「道路特定財源」としてクルマや燃料に課税されてきた税金。今年度から使途を限定しない一般財源となったものの、ほぼ30年に及ぶ割高な暫定税率のまま課税されている。

 クルマへの課税としては購入時の自動車取得税(以下、取得税)、購入時および車検ごとに徴収される自動車重量税(以下、重量税)の2つがある。また、ガソリンには揮発油税と地方道路税が課税されてきた。

 民主党がマニフェストに沿って2010年4月からこれらの暫定税率を廃止して本則税率に戻すと、取得税は4割(本則税率の軽自動車は変わらず)、重量税は約6割の減税となる。また、ガソリンは1リットル当たり約25円が減税され、その分小売価格が下がる。

税金・ガソリン代は7年間でいくら安くなる?

 そこで、取得価格180万円、車両重量1.3トン、実走行燃費リッター11キロなど、一定の前提条件を元に乗用車を7年使用した場合の暫定税率廃止による税金とガソリン代を試算してみた(下の表を参照)。

○暫定税率廃止で税金やガソリン代はこうなる
(取得価格180万円の乗用車を7年使用)

    新車購入~
3年間
初回車検~
2年間
2回目車検~
2年間
合計
暫定税率廃止 自動車取得税 5万4000円 ー  5万4000円
自動車重量税 2万2500円 1万5000円 1万5000円 5万2500円
ガソリン代 21万9000円 14万6000円 14万6000円 51万1000円
        総合計61万7500円
エコカー減税
(減税率75%)
自動車取得税 2万2500円 2万2500円
自動車重量税 1万4175円 3万7800円 3万7800円 8万9775円
ガソリン代 27万3750円 18万2500円 18万2500円 63万8750円
        総合計75万1025円
< 参考 > 暫定税率継続でエコカー減税もない場合 総合計86万1050円
※この乗用車の前提=排気量1.5リッター・ガソリンエンジン、車両重量1.3トン、燃費18キロ/1リットル(10・15モード)で75%のエコカー減税に該当とする(実走行燃費は11キロ/1リットルとしてガソリン代を算出)。年間走行は8000キロ
※ガソリン価格は暫定税率廃止前の小売価格を125円/1リットルとして固定している

 現在実施されているエコカー減税(取得税と重量税が対象)では「75%減税」に相当するものとして、その費用もまとめた。さらに暫定税率が維持され、エコカー減税がない場合の費用も参考として示した。

 暫定税率廃止とエコカー減税との比較では、税金については暫定廃止が数千円安い程度だが、ガソリン代で相当な差額が生じ、総合計では13万円余りの差となる。また、暫定廃止を暫定継続でかつエコカー減税もないケースと比較すると、24万円余り(年平均約3万5000円)の負担軽減となった。

 民主党の試算(前提条件は不明)では、暫定税率廃止による1世帯当たりの年間減税額は5万3000円とされている。地方ではクルマの複数保有世帯が多いので、筆者の試算とそうかけ離れたものではないと思われる。

コメント18件コメント/レビュー

見事なまでに「大本営発表」マスゴミにやられて、当然廃止するべき極悪非道課税を、むしろ続けてくれ、という雰囲気が蔓延しております。高速道路料金の低額化または無料化による効能により、一般道の渋滞が解消される効果を評価する意見は、とんと見られません。「大本営」マスゴミや、無駄金裏金大好き土建屋にとっては、うれしくないからでしょう。(2009/10/20)

「池原照雄の「最強業界探訪--自動車プラスα」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

見事なまでに「大本営発表」マスゴミにやられて、当然廃止するべき極悪非道課税を、むしろ続けてくれ、という雰囲気が蔓延しております。高速道路料金の低額化または無料化による効能により、一般道の渋滞が解消される効果を評価する意見は、とんと見られません。「大本営」マスゴミや、無駄金裏金大好き土建屋にとっては、うれしくないからでしょう。(2009/10/20)

暫定税率の廃止や高速道路無料化は、単に負担が増える・減るで語るような話じゃ無いと思います。暫定と言いつつ何十年も維持されてきた税率、将来無料化すると言いつつプール制の導入によって無料化できなくなった高速道路料金。これらは、言わばなし崩し・事後承諾によって維持されてきた制度です。民主党の政策は、これらをいったんリセットし、新たに構築し直すものになると思います(というか、そうならなければならないものだと思います)。その結果、結局負担が変わらなかったり、増えてしまったりするかもしれませんが、それが今までのようななし崩しや事後承諾の結果ではなく、きちんと筋の通ったものになるのであれば、それはそれでいいのではないでしょうか。もちろん、そうならない可能性もある訳で、その場合は今度は民主党に「NO」を突きつければいいだけです。そうやって、徐々に国民が本当に望む、納得の出来る制度に近付けていけばいいのではないでしょうか。(2009/09/11)

“暫定”と行って制定された税金は、全て一端廃止するべきだと考える。これまで“暫定”と言って設けておきながら何時のまにか常態かしている、言うなれば詐欺まがいのものが多すぎる。例えば税金ではないが、国債なども設定時には「建設国債以外は発行しない」と言いながらいつの間にか「赤字国債」が大量に発行されている。高速料金もしかりだろう。この際なし崩しにしてきた税金や料金を整理して、止めるべきは止め必要なものは、明確にその必要性を国民に問うて改めて設定すればよい。エコカーを初めとしてCo2削減の為の政策に必要な費用があるのなら、キチンと説明をして設定すれば良い。なんにせよ国民をバカにした様な曖昧な税制は、一端廃止するべきだと考える。(2009/09/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授