• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

原理原則を逸脱した技術戦略に成功なし

燃料電池自動車、テクノスーパーライナーの敗因

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2009年9月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 電気自動車元年は今年だろうか、来年だろうか?

 環境エネルギー問題の解決策の1つとして、電気自動車は二次電池とともに欠かせない存在である。自動車の長い歴史の中で、常に裏方として控えていた電気自動車がようやく表舞台に登場しそうだ。

 しかし、よく思い出してみれば、10年前は燃料電池車の話題でもちきりだった。実際、世界中の有力自動車メーカーのほとんどが燃料電池車の開発に必死に取り組んでいた。この技術開発の流行に逆らおうとする人は少なかった。ところが、今では水素サイクルや燃料電池車を語る人はめっきり少なくなってしまった。

 車の世界では、水素を使った燃料電池車が世の中に普及する可能性は限りなく小さくなった。荏原製作所が燃料電池事業から撤退してその事業子会社「荏原バラード」は今年6月に解散、買い手もつかなかった。つまり10年前のほとんどの自動車会社の技術戦略は間違っていたし、その戦略を評価した技術評論家やマスメディアにも先見力はなかったということになる。

燃料電池の原理は自動車に合わないと力説したH君

 燃料電池車の開発がブームになっていた10年前、私の部屋に現れたのはH君だった。学部で船舶工学を学び、大学院では素粒子物理学を学び、社会に出てからは電池の開発に20年近く携わっているという異色のキャリアを持つ卒業生だ。

 「今、世界中の有力自動車会社が燃料電池自動車の開発に注力していて、マスメディアもその流れを支持していますが、違うと思います」
 「移動体の中であんなに大量の空気を流し、膜を通して反応させるのは原理的に間違っています」
 「定置型はともかく、車のような移動体に対しては問題が多すぎです」

 燃料電池の原理そのものが自動車に合わないと言うのだ。

 その頃、H君は自動車会社でリチウムイオン電池の研究開発に携っていて、ちょうど10年が経過した頃だった。それからまた10年近くの歳月が経って、リチウムイオン電池は急速に進歩していった。そしてH君の所属する自動車会社は2008年になって、電気自動車を三大戦略の1つに据えた。H君たちが開発した電池があったからだ。

コメント24

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本当の問題は労務費ではありません。 熟練技能を持つ職人さんが 少なくなっていることです。

押味 至一 鹿島社長