• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「思い込み」に安住する怖さ

いかにすれば脱常識・脱低迷が果たせるか

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2009年10月2日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 読者の皆さんが「これが正しい、これが常識だ、このビジネスはこのような仕組みなのだ」と信じていることが、実は単なる思い込みかもしれないと言われたらどう思われるだろう。

 思い込むことは怖いことなのだ。

 『学士会会報』平成21年9月号に「思い込みの怖さ」という記事を書いたのは、九州大学前総長の梶山千里先生だ。梶山先生には一度だけお会いしたことがある。MOT(技術経営)の会議の席だった。

 「非常識を常識にするのがイノベーションであり、本当の研究開発だ」

 このことを本当に理解して下さっている方である。その記事では、私の研究にも言及していただいた。私が30歳の時、船の波の研究者が思い込んでいた「船の波は線形である」という理論を覆し、「船の波は非線形なのだ」ということを発見して証明した研究だ。

 その記事を読んで分かったことなのだが、梶山先生は専門の高分子化学の世界で、私よりももっと若い修士課程の学生の時に、研究界の思い込みを否定する新発見を成し遂げていた。

思い込みに囚われないようにすると、非常識が常識になる

 世間の常識や学会の定説を否定することは難しい。それまでの思い込みに囚われず、新しい世界を切り拓いて進歩することが大切なのだが、昔からの常識を信じて疑わない人々の厳しい抵抗に遭うからだ。梶山先生や私の新発見は、周囲から無視され続け、かなり悲しい日々が続いた。2~3年ではなかった。ほとんど10年もの歳月が必要だった。

 32歳の時、米カリフォルニア大学バークレー校で開催されていた国際会議で、波を専門分野とする長老格の日本人教授は研究発表の中で、私の研究に言及してこう言った。「It is misunderstanding」。

 それでも、自然科学の世界はまだいいと思う。結局、正しいことは認められ、その正しいことがイノベーションを実現し、社会へ普及していくケースがある。実際、船の波が非線形だということが明らかになってから船の形の設計が変わった。そして、その新しい形の船の燃料費が5~6%節減されたので、学会で認められる前に産業の現場で新技術が受け入れられたのだ。

 非常識が常識になるのが科学技術の進歩だ。

コメント10件コメント/レビュー

おっしゃることはそのとおりなのですが、思い込みを排除することを実行していっても成功できない人もいるのです。まあ、能力がないからなんでしょうが。ところが、思い込みにそって行動しているよりも評価が低かったりします。その現実あるので、なかなか思い込みから脱した行動を取り難いのです。先生も思い込みの多くは正しいとおっしゃっているように、凡人にとって小数派を探しあてることは難しいです。正しい思い込みを崩そうとしてもそりゃ崩れません。間違ったものを見つける能力があるかは挑戦してみないと分からないと思います。しかし、なかなか自分の能力を信じて挑戦しつづけることは難しいです。とくに成功するまでは低い評価に甘んじなくてはなりません。能力がなければ最後まで低い評価のままです。それより皆と同じに思い込みどおりにしておいた方が評価を得られやすいです。私は先生のおっしゃる思い込みがはびこるのはそんな原因が大きいように感じます。(2009/10/05)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

おっしゃることはそのとおりなのですが、思い込みを排除することを実行していっても成功できない人もいるのです。まあ、能力がないからなんでしょうが。ところが、思い込みにそって行動しているよりも評価が低かったりします。その現実あるので、なかなか思い込みから脱した行動を取り難いのです。先生も思い込みの多くは正しいとおっしゃっているように、凡人にとって小数派を探しあてることは難しいです。正しい思い込みを崩そうとしてもそりゃ崩れません。間違ったものを見つける能力があるかは挑戦してみないと分からないと思います。しかし、なかなか自分の能力を信じて挑戦しつづけることは難しいです。とくに成功するまでは低い評価に甘んじなくてはなりません。能力がなければ最後まで低い評価のままです。それより皆と同じに思い込みどおりにしておいた方が評価を得られやすいです。私は先生のおっしゃる思い込みがはびこるのはそんな原因が大きいように感じます。(2009/10/05)

宮田先生のコラムはいつも読んでいるのだが、たまに先生の専門外に話が及ぶと、ちょっと違うのでは、という話が出るときがある。今回の記事では稲作に言及したところだが、日本の稲作に大きな問題があるのは、一般的に共通認識だと思う。しかしコラムの文章で「高く買ってくれる稲を作ることが正しい仕事だと思い込むのは楽で安心だ。」とあり、先生はこれを否定的に扱っていらっしゃるが、「高く買ってくれる稲を作ること」は「思いこみ」でなく「正しい仕事」のはず。問題は減反で米を作っていないのに、安定した収入が得られる保護政策の方と思います。ただしこれを農家の自己責任だけにも出来ないのです。私が中学生の30年前に教科書に「3ちゃん農業」という言葉でていました。この時点ですでに後継者が居なかった。というか正に宮田先生の世代の若者が、1次産業から2次産業へ、地方から都会へ出ていたのです。宮田先生たちが技術革新することで、日本の2次産業は世界のトップになりましたが、その分1次産業はビジネスモデルの変更など出来なかったのです。(2009/10/03)

私はもう、若いとは言えない年代になりました。しかし、おそろしいことに若い世代の人が、なににつけ妙に保守的で権威主義的だと感じています。常識を疑う前に常識がないということなら、若さの特権で許されるとは思うのですが、非常に浅い考えを疑いもせず、素直に信じ込んで囲いをつくってしまい、創造性を自ら制限しているような子供達が多いのです。実際常識を覆すというのはものすごい信念とエネルギーのいることで、若くなければ無理なのですが、彼らは最初から省エネモードなため、安易な常識にしがみつきたがります。結局そのほうが楽だ。ということで全てが終わってしまうのです。(2009/10/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長