• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「水に浮く鉄面皮」…いや、ほめてます。
クルマを軽くする手段の1つですから

  • 浜田 基彦

バックナンバー

2009年10月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント2件コメント/レビュー

第一次オイルショック後も軽量化とコストダウンに励みました。原油高騰から1kmでも余計に走れるように、排ガス規制で出力が落ちたエンジンを助けるために、景気低迷で安く、ということで。今も中古市場で値が高い「86レビン」なんかその名残のように思います。その後、大食漢のロータリー「RX-7」が復活し、豪華な「ソアラ」なんかも登場。最近は衝突安全性の面からもどうしても重い車が多くなってしまいました。この文脈でくると、「今」のエンジニアは軽量化とコストダウンに加え「衝突安全性」も求められます。そうなると、筆者が記事で取り上げた「水に浮く鉄面皮」が大変意味を持ってきます。とても良い題材です。エンジニア達が今の問題を共有できれば、現場にまたあの頃のパワーが蘇る。そのための本が『低価格化/軽量化技術2010』でしょうか。次の記事もまた期待します。(2009/10/15)

「浜田基彦の「走る 曲がる 止まる」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

第一次オイルショック後も軽量化とコストダウンに励みました。原油高騰から1kmでも余計に走れるように、排ガス規制で出力が落ちたエンジンを助けるために、景気低迷で安く、ということで。今も中古市場で値が高い「86レビン」なんかその名残のように思います。その後、大食漢のロータリー「RX-7」が復活し、豪華な「ソアラ」なんかも登場。最近は衝突安全性の面からもどうしても重い車が多くなってしまいました。この文脈でくると、「今」のエンジニアは軽量化とコストダウンに加え「衝突安全性」も求められます。そうなると、筆者が記事で取り上げた「水に浮く鉄面皮」が大変意味を持ってきます。とても良い題材です。エンジニア達が今の問題を共有できれば、現場にまたあの頃のパワーが蘇る。そのための本が『低価格化/軽量化技術2010』でしょうか。次の記事もまた期待します。(2009/10/15)

軽くする。安くする。大いに結構なことであるが、問題は、逆に、何が重いか、何が高いかである。現在の重く高いクルマが軽く安くなるには、重く高い犯人探しが必要である。それはもちろん「内燃機関とそれに係わる部分」だと想像はついているが、それを電気自動車とX-by-Wireに置き換えたときに、何がどのくらいの重さと高さで壁になるのか。それは何によって解決し得そうなのかを考えるためにも知りたいものである。(2009/10/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員