• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「金麦妻」は男性のファンタジー、女性蔑視の広告?

  • 須田 伸

バックナンバー

2009年10月14日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 病気療養の休みの間、海外はもちろん国内もあまり遠出らしい遠出をしませんでした。

 唯一といっていい例外が9月初旬の平日にクルマで出かけた箱根芦ノ湖です。特に目的もなく行ったのですが、偶然クルマをとめた駐車場の隣が玉村豊男ライフアートミュージアムだったので、入場券を買って鑑賞させてもらいました。思いのほか楽しく玉村さんの水彩画や版画を見てまわりました。

 帰宅後に、休み中はほぼ毎日通っていた近所の図書館からエッセイストである玉村さんの著書を数冊借りて、さっそく読みました。若き日に過ごしたフランスでの日々や、現在の軽井沢の暮らしなど、さまざまなことが綴られたエッセイの中のひとつに、サントリーの金麦のCMに関する文章がありました。

「玉村豊男ライフアートミュージアム」のホームページはこちら

サントリー「金麦」のコマーシャルはこちら

女性をペット扱いする男性目線のけしからん広告

 玉村さんの目から見ると、あの金麦のテレビCMは、女性を愛玩動物のように扱った、時代錯誤も甚だしい、実にケシカラン広告であるということが、そこには書かれていました。『おじさんにも言わせろNPO』(東京書籍)から少しだけ引用して紹介します。

おじさんにも言わせろNPO
(東京書籍)

・・・男女共同参画社会を推進するといいながら、いまどきこんな反動的な、女は家庭に閉じこもって夫の帰りを待っていればよい、みたいなメッセージを送り続けるCMは、許しがたい。(中略)このコマーシャルを見るたびに、私は、男がペットをからかっているように思えて気分が悪くなる。「金麦が新しくなってそんなにうれしいのか」、「うれしいよね」そう言われて無言でうなずく女性が、シッポを振る犬の姿に重なって見えるのだ。

 私のコラムを昔からお読みの方はご記憶かもしれませんが、私もこのサントリー金麦のCMを過去に取り上げたことがあります(「“金麦妻”は実在するか? 『サントリー金麦のCM』の研究」参照)。

 2年前に私の書いた文章の趣旨は「金麦妻はファンタジーであって、現代には存在しえないけど、その幻想をあたかもリアルに、いかにも存在していそうに映像化している。だから広告クリエイティブとして秀逸なのだ」ということです。

 ところが、玉村さんの目から見ると「時代に逆行していてケシカラン」ということになってしまう。同じ絵を見ながら、同じように感じているけど、片方は「ブラボー」で片方は「ブーイング」という反応になっていて、これは面白いなと思いました。

コメント60

「Web2.0(笑)の広告学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員