• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

プロジェクトを成功へと導くもの

10年前のアメリカズカップ善戦を振り返る

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2009年10月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ちょうど10年前の10月18日、ニュージーランドのオークランドで第30回アメリカズカップの試合が始まった。月日の経つのは早いものだ。確か3回目のオークランド出張から帰ってきた土曜日、そのままソファーで寝ていたら様子がおかしい。私の留守の間に、生後2カ月のミニチュアダックスフントが家族に加わっていたのだ。その愛犬「ウィル」はこの9月に10歳になった。

 10年も経つと、もう夢のようだ。あの7年間は夢の中にいたのだろうか。なぜヨットは素人の私が、アメリカズカップのプロジェクトの技術チームの中心になり、ほぼ世界最速のヨットを作り上げることが出来たのだろうか、と自分でも不思議なくらいだ。今もう一度やれと言われても同じ成果を出せるかどうか疑わしい。

 最初に話があったのは1993年の5月のことだった。第29回のアメリカズカップに参戦するニッポンチャレンジの技術開発は決定的に遅れていた。そして急遽、私を巻き込むことにしたのだった。私は船舶設計の経験では世界中の誰にも負けない自信があったが、ヨットだけは例外だった。全くの素人と言ってもいい。おまけに第1艇「JX1」は6カ月後に起工することになっていた。

 だから私は、テクニカルディレクターでもチーフデザイナーでもなく、技術開発を支援するチームのコーディネーターという役割だった。そういう事情なので、実際私が設計に大きな影響を与えたとしたら、船体の水面下の部分と船底のキールバルブに対してだけだったかもしれない。

世界のほぼ頂点を極めることができた理由

 しかし、世間の見方は違っていた。東京大学教授という肩書はいつもすべてが誇張される。「最高の頭脳を投入したのだから、きっと成果が出るはずだ」と過大な期待を抱かれてしまうのだ。いつもプレッシャーがきつい。

 1995年1月に始まったレースの緒戦は強豪と戦ってわずか12秒差で負けるようないい試合もあったのだが、準決勝では3分、4分の差で大敗してしまった。セーリングコーチのピーター・ギルモアが技術陣の技術的な決定を覆して、まるで暴走するように艇を変えていった結果だった。

 1995年3月の準決勝での敗戦が決まった時、私たちは虚脱状態だった。「おれたちベトナム帰還兵みたいだな」。技術チームの仲間が言った言葉だった。

 翌月、私は研究室で30年も使っている暗い鼠色のデスクを廃棄して、オフホワイトの明るいものに替えた。気分を一新したかったのだ。

コメント7件コメント/レビュー

筆者は何一つ間違った主張をしていない。にもかかわらず、この評価の低さと批判的なコメントは何としたことだろうか。情緒に流されて本質を見失う、まさに典型的な日本人の悪癖を露に見せ付けられて悲しくなってしまった。宮田氏には、くだらない妬みや的外れな批判など気にすることなく、是非このままの調子で思うところを存分に主張し続けていただきたい。(2009/10/16)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

筆者は何一つ間違った主張をしていない。にもかかわらず、この評価の低さと批判的なコメントは何としたことだろうか。情緒に流されて本質を見失う、まさに典型的な日本人の悪癖を露に見せ付けられて悲しくなってしまった。宮田氏には、くだらない妬みや的外れな批判など気にすることなく、是非このままの調子で思うところを存分に主張し続けていただきたい。(2009/10/16)

最近自分でも忘れていたことを思い出したような気持ちで読みました。大変心に残りました。現在の日本がどうも今ひとつなのは、日本自体の技術力とか体制の弱さもありますが、今一番欠けているのは勝とうという信念や情熱そして誇りでしょう。それがあれば国全体をどう構築していくかなどすぐわかるはずだとおもいます。民主党政権がどこまでプライドをもってがんばるかしっかり見届けるつもりです。(2009/10/16)

レースでは1位と2位の差は大きい。優勝者の発言には感動しやすいが、2位以下の発言は弁解か傲慢にしか聞こえない。しかしレースには来年がある。また優勝を目指せば良いのだ。経営はどうだろうか。日々毎月が戦いだ。戦果が積み重なってその年の成績が決まり、成績の良い者は時が経つ程さらに強くなり、やがて競争者はいなくなる。敗者に来年はない。しかし不思議なもので、一人勝ちになるとその市場そのものは無くなるのが世の常だ。レースには統一の「ルール」が存在するが、ビジネスではルールそのものが戦略の一部だからだ。戦いを挑むものは自分に有利なように展開していく。この意味でビジネスの戦いはスポーツマンシップなどという言葉とは程遠い。筆者はヨットレースをビジネスの「戦い」で語ってしまっている。筆者が翌年のレースに望もうとしたら、「勝つ」意志を見抜けたセーリングチームと組めただろう。しかしビジネスでは負けたら翌年はない。プロジェクトの初めからチーム全員の気持ちが揃うことも殆どない。だから気持ちが揃うことに意味がある。中でも「勝つ」気持ちが一番ということか。筆者の今の「勝つ」は皆の幸せであり地球環境への貢献か。(2009/10/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授