• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「個人の感想であり、商品の効能を確約するものではありません」は、法律で禁止されます

FTC規約改訂の衝撃

  • 須田 伸

バックナンバー

2009年10月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「クチコミ広告に規制」というヘッドラインで、アメリカの連邦取引委員会(Federal Trade Commission)が今年12月1日から実行する規約改訂が、日本のメディアで伝えられています。81ページに及ぶ様々な事例を想定した新規約全文を読むと、その影響はインターネット以上にテレビ・新聞・雑誌といった伝統的メディア、広告会社、PRエージェンシー、芸能プロダクション、さらにはスポーツ選手、ジャーナリストといった団体や個人に多大な影響を与えるものであることがわかります(内容は、こちらからご覧になれます)。

地獄の釜の蓋を開ける?

 具体的に言いましょう。FTCの文書の原題は「Guides Concerning the Use of Endorsements & Testimonials in Advertising」ですが、この中の「Endorsements & Testimonials」を「クチコミ広告」というのは、かなり乱暴な意訳です。

 「Endorsement」とは手元にある英和辞典によれば、「是認, 承認, 保証, 支持;(有名人による商品の)保証宣伝」であり、「Testimonial」とは「(人格・資格・価値などの)証明書;推薦状」です。

 したがって「クチコミ広告」というよりは、むしろ「すべての推奨広告に関する規約改訂」と理解するべきでしょう。

 サプリメントやビタミン剤のテレビCMで「ひさびさに同窓会に行ったら、20年前とぜんぜん変わらないね、って言われちゃいました。でも、実際、自分では20年前よりも今の方が若々しいと思ってくるくらいなんですけどね、オホホ」といった「実際の購入者」が登場し、画面の下に小さく「あくまでも個人の感想であり、商品の効能を保証するものではありません」という断り書きが表示される、ああいった手法すべてに関する規制が、大きく変わるのです。

 それだけではありません。この新しい規約施行後は、プロ野球の選手による「この栄養ドリンクを毎日飲んで、今シーズンも3割打ちました」といった言葉も、規制の対象になり、たとえそれが、広告会社のコピーライターやCMプランナーが用意したものを、カメラの前で読み上げただけであったとしても、虚偽の発言だった場合にはその野球選手が罪に問われる可能性があります。

 また、ある健康器具の効能が「アメリカ科学研究所の実験結果としてデータで証明された」といった表現も、その実験にかかる費用をその健康器具メーカーが支払っていた場合、その事実を明らかにせずに広告に使えば罰則の対象となります。

 メーカーから「制作協力金」といった名目で、出版社や放送局に支払われたお金を使ってメディアが取材したり、記事や番組をつくったりといった、以前からある「(広告と明記されていない)PR的コンテンツ」も、金銭、あるいは金銭と同等物のやりとりがあった場合には「広告」であり、罰則の対象になる可能性があるとしています。

 ドイツ・ニュルブルクリンクのサーキットでのテスト走行に自動車メーカーにモータージャーナリストが招待を受け、航空運賃や宿泊費用などを負担してもらっていたとしましょう(普通、そういうことになっています)。その事実を明らかにせずに記事を書いた場合には、無料でゲームソフトを受領したブロガーが、その事実を明かさずにブログ記事を書いた場合と同様に、罰則の対象となります。グルメ評論家、映画評論家、ハイファッション雑誌の編集者、などなど。ブロガー同様に、彼らも罰則の対象になりうるのです。

 ブロガーを使った広告への規制が、マスメディアとその周辺業界を含めた、これまでの慣行を禁止する、まさに「地獄の釜の蓋を開ける」ことにつながる、という声もあがっています。

コメント17件コメント/レビュー

個人的な感想では、賛成です。一つ他の方のコメントで気になるのは、「相撲は神事だからガッツポーズは駄目」これこそ人の意見を封印する言い方ではないですか。確かに私も違和感は感じてましたが、スポーツでない神事なら、神道だから外国人もキリスト教徒も女性脚本家も入れてはいけない世界でしょ。都合が悪い議論から逃げているとしか思えません。(2009/10/27)

「Web2.0(笑)の広告学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

個人的な感想では、賛成です。一つ他の方のコメントで気になるのは、「相撲は神事だからガッツポーズは駄目」これこそ人の意見を封印する言い方ではないですか。確かに私も違和感は感じてましたが、スポーツでない神事なら、神道だから外国人もキリスト教徒も女性脚本家も入れてはいけない世界でしょ。都合が悪い議論から逃げているとしか思えません。(2009/10/27)

非常に素晴らしい。アングロサクソン的なフェアの顕著なもので、力のあるフィルターはそのフィルターそのものに規制ということだろう。逆に、フィルターを経ない意見・感想を、封殺してはならない。仮に、企業の利益にならない悪評であっても、個人が独立して述べるものについて罰や気勢はあってはならないだろう。大企業主義の日本でおそらく期待できない。大企業のやる騙しにお墨付きを与え、逆に、大企業が騙して収益を得ることを妨害する無数の市民の口を封殺するような規制になってしまうだろう。(2009/10/22)

消費者の80%が効果を実感しています、みたいな広告はどうなるのでしょうか。今後紹介してもらいたいです。(2009/10/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

2018年のヒット商品は食・睡眠・運動の3つを中心に動いていきます。

髙田 明 ジャパネットたかた創業者