• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

エネルギーはもっと「賢く」なれる

グーグルがスマートグリッドに参入する理由

2009年10月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 インターネットが世界をより良く変える。グーグルの信念は、伝統的なIT業界の枠を超え始めた。典型的な例がエネルギー分野への取り組みだ。

 米国では、老朽化した送配電網の更新が大きな政策課題になっている。いわゆる「スマートグリッド」と呼ばれる分野には、米ゼネラル・エレクトリックなどの旧来エネルギー企業だけでなく、米IBMなどIT企業も加わり百花繚乱の様相を呈している。そこに今年、グーグルも参入した。

 日経ビジネス特集「グーグル包囲網」の連動インタビュー最終回のテーマはエネルギー。エネルギー担当の政策顧問を務めるマイケル・テレル氏に、グーグルがエネルギー分野をどう変えようとしているのか、戦略を聞いた。

(聞き手は日経ビジネス記者、小笠原 啓)


マイケル・テレル(Michael Terrell)氏

米グーグル政策顧問(Policy Counsel)、エネルギー担当
米イエール大学で環境マネージメントの修士号、米ミシガン大学で法務博士号(Juris Doctor)を取得。米司法省などで勤務した後、ワシントンDCの法律事務所でエネルギー関連のコンサルタントとして働く。2007年にグーグルに入社し、政策顧問としてエネルギー分野を担当する。(撮影:林幸一郎)

 ―― なぜグーグルがエネルギー分野に参入するのですか。

 テレル 最大の理由は、世界中の企業と同様、グーグルも多くのエネルギーを消費していることだ。できるだけ持続可能なやり方で事業を続けるには、この問題を直視せざるを得ない。

 世界の多くの国と同じように、米国も深刻なエネルギー事情を抱えている。米国にとっての問題は、それがあまりにも非効率なことだ。

 我々は毎日膨大なエネルギーを使っているが、発電所から送配電網、個人の利用に至るまで、あらゆる局面でそれを無駄にしている。

人的資源と資金をエネルギー分野に投入する

 テレル 解決策は3つある。まずは、今の「炭素集約型エネルギー」から離れ、再生可能エネルギーを増やすこと。そして、輸送システムの革新。最後は、全システムを効率的に作り替えることだ。

 グーグルは独特のリソースを持っており、多くの国やエネルギー業界に新しいソリューションを提供できると考えている。エネルギーはもっとスマートになれるはずだ。

 ―― グーグルが検索やコンピューターの分野で持つ技術を、どうやってエネルギー分野に応用するのですか。

 テレル グーグルはソフトウエアだけの会社ではない。機械工学でも世界トップクラスのエンジニアを数多く抱え、政策やマーケティング、通信分野に精通した社員もたくさんいる。こうした人的資源を利用できるのが最大の強みだ。加えて資金力もある。

コメント3

「グーグル包囲網」のバックナンバー

一覧

「エネルギーはもっと「賢く」なれる」の著者

小笠原 啓

小笠原 啓(おがさわら・さとし)

日経ビジネス記者

早稲田大学政治経済学部卒業後、1998年に日経BP社入社。「日経ネットナビ」「日経ビジネス」「日経コンピュータ」の各編集部を経て、2014年9月から現職。製造業を軸に取材活動中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授