• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“玄人”の限界、“素人”の創造性

時代はブレークスルーできる人材を求めている

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2009年10月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 この2年間、環境関連の研究やプロジェクトが、私の全活動の約50%を占めるようになった。「二次電池による社会システム・イノベーション」のフォーラムは予想以上に大盛況だし、「沖縄グリーンニューディール・プロジェクト」は順調に離陸態勢に入りつつある。

 ロボット学会のような、私の専門とはまるで違った学会の学会誌の巻頭言を頼まれることもあるし、これまで全く無縁だった「日経エレクトロニクス」や「日経マイクロデバイス」に寄稿したりインタビューを受けることもある。

 いつの間にか私は、環境問題の“玄人”として扱われるようになっているのかもしれない。30年もの間ずっと環境問題をテーマにしている研究者よりも、私の発言に注目してくれることもある。

 しかし、一方では、私の意見や発言、シミュレーション結果、将来予測に対して、「素人の意見だ、もっと勉強してから発言しなさい」とか「船という自分の専門に戻るのがいいよ」といった忠告をもらうことも少なくない。

本当のプロとはどんな人か

 「アマチュア」と「プロ」とはどう違うのだろう。「本当のプロ」とはどういう職業人を指すのだろう。

 私は、普通のプロと一流のプロがいると思う。一流のプロは、異分野の仕事を任せても成果を出せるプロのことを言う。決められた分野のことではしっかり成果を出せるが、異分野のこととなると、そこへは移れないか、移ってしまうと大きな成果を出せないのが普通のプロだ。

 経営者でもそうだ。一流の経営のプロなら、それまでとは違った業種の経営を任されても、一流の経営ができる。異業種から乗り込んできて、難局に直面していた企業を立て直す立派な経営者も少なくない。異業種からの人だから、ある意味では“素人”ではあるが、経営の玄人なのだ。

 32年前、造船会社の設計部にいた私に東京大学への転職話が舞い降りてきた。私の出身の研究室からではなかった。船の研究のうち流体力学関係の分野は、「抵抗」「推進」「運動・操縦」の3つの専門に分かれていた。私は卒論で運動をテーマにして修論では推進をテーマにし、企業での技術開発でも、その方面の仕事が多かった。

 しかし私を勧誘する研究室は、私の苦手の「抵抗」を中心的な研究テーマとする研究室だったし、世界的にも存在感の高い研究室だった。船舶工学第一講座という明治の開学以来、船舶工学の一番中心的な研究室だった。

コメント15件コメント/レビュー

そのとおり。小さな商品から、車程度までのプロジェクトならば当てはまると思う。車を例にとると、部長クラスの古い頭で考え、決定権をもって部下の案を蹴るような人物に指揮させるより、売りたい商品の購買層と同年代か若いくらいの構成メンバーに決定権を預けてデザインなどをさせるべき。爺婆はプランニングや事務仕事などの裏方でサポートすればいいと思う。ただ、車マニアの人物でなく、デザインマニアでもなく、そういう人選が難しく、どれほど門戸を広げるのか、最大の妙のところなのだ(2009/11/01)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

そのとおり。小さな商品から、車程度までのプロジェクトならば当てはまると思う。車を例にとると、部長クラスの古い頭で考え、決定権をもって部下の案を蹴るような人物に指揮させるより、売りたい商品の購買層と同年代か若いくらいの構成メンバーに決定権を預けてデザインなどをさせるべき。爺婆はプランニングや事務仕事などの裏方でサポートすればいいと思う。ただ、車マニアの人物でなく、デザインマニアでもなく、そういう人選が難しく、どれほど門戸を広げるのか、最大の妙のところなのだ(2009/11/01)

私も同感です。ATMという通信方式の開発がさかんだったとき,トラフィック量と情報の損失率の計算が大変で,スーパコンピュータで行われていました。これでは,工学的には,とても実用にならないと考え,若干精度を犠牲にして,プログラム電卓で対応可能な近似方法を提案しました。そうしたら,学会だけではなく,社内からも非難轟轟たるものがあえりました。結局,社内のオーソリティに非難されて,私の提案した近似方法は,2-3の論文の発表で終わってしまいました。(2009/10/31)

玄人には一流とそうでない玄人があるのは、その通りだと思います。一流は与えられた環境で異なる分野でも成功できるというのも納得です。その一流の成功要因が分野の素人の目とするところに問題があるように思います。読み進める中で、タイトルの内容より一流とそうでない人との違いとそれが生まれる理由に興味がありましたが、ほとんどそのことについては語らず残念でした。一流の玄人は、世界を見渡してもそれほど数がいるわけではないので、私の知る限られた範囲では、彼らが一流であるのは物事を絶えず新しい目で見ていることです。決して素人の考えではなく、たとえかつてやったことでも別の切り口やフレームを探して絶えず最善を求めている探求者達です。それがビジネスの世界でも競技の世界でも形は違いますが、日本語で言う”道”を極めようとする努力には通じるものがあります。筆者へのコメントを見ていると新しい視点でのコラムが期待されているけれど、継続する中で同じ輪の中に落ちているとの指摘が多いように思います。私の知る一流は、仕事の大きさにかかわらず受けた仕事はプロフェッショナルとして自分が納得する仕上がりを絶えず目指していますが・・・(2009/10/31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長