• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「優雅」と「自由」が当たり前のセカンドライフ

日本の老人ホームとは大違い「リタイアメント・コミュニティー」

  • 澁谷 征教

バックナンバー

2009年11月10日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は、子育てを終えた熟年者のための「セミリタイアメント」「リタイアメント」向け住宅について取り上げました「(子に巣立たれた親を癒やす間取り)」。今回はそうした住宅が集まる「リタイアメント・コミュニティー」についてお伝えいたします。

 「老人ホーム」ではないものの、補助や看護を必要とした熟年者や退職者向けの住宅・住宅地が、「リタイアメント・コミュニティー」という名前で1960年代から米国で開発・分譲されてきました。

 初期の大規模な開発事例の1つが、米フェニックスにある「サン・シティー」です。この街は、1970年代後半の第2次開発を含めると、270万坪の広大な敷地に1万2300人の高齢者が豊かに暮らせる街として開発されました。このようなリタイアメント・コミュニティーはその後、南カリフォルニア、アリゾナ、ネバダ、テキサス、フロリダといった温暖な地域に続々と建設されます。200~400世帯程度で従来型の小規模な「集合住宅型」を含めると、全米各地に建設されました。

 リタイアメント・コミュニティーの多くは、「夫婦のいずれかが55歳以上であるか単身者であること」を入居の条件にしています。つまり、子育てを終えた55歳以上の人たちが、限られた生活費の中で安全と健康を確保しながら生活するための街として開発されたのです。

暗いイメージを一掃した「リタイアメント・コミュニティー」

 当初、コミュニティーの住宅は主に、夫婦2人用のコテージ型のシンプルな形式でした。その後改良を重ね、高齢者の多様なライフスタイルに対応するための新たな工夫や、優れた運営方法が生み出されています。

 今では年齢の範囲も広がり、「セミリタイアメント」の人々、つまり40歳代後半から入居できる健常者向けのコミュニティーから、ケア付きコミュニティーまで、多様なライフスタイルに対応した開発がされるようになりました。

 また、「老人ホーム」と呼ばれてきた集合住宅(Assisted Living Facility)、さらに完全介護付き高齢者住宅(Nursing Facility Senior Living Residence)に至るまで、健康状態に応じた様々なタイプの住居が完備されているところもあります。入居者はそのコミュニティー内で、それぞれのステージに応じた住宅に転居することも可能になっているのです。

 今まで「老人ホーム」と言えば、どうしても暗いイメージが付きまとっていましたが、このようなイメージを一掃したのがリタイアメント・コミュニティーなのです。

画像のクリックで拡大表示

豊かなリゾートライフを求めて

 広大な敷地内には、多種多様な施設が完備されています。

 ナイター設備付きのテニスコートやソフトボール場、スイミングプール、乗馬クラブに、優雅なポロの競技場。すべての施設には観覧席が設置されています。専用のゴルフ場には、比較的易しいコースと本格的なチャンピオンコースがあり、その周囲はサイクリングコースとなっています。そして、災害用の調整池では模型のヨット競技が開催されます。自然との触れ合いを求めるアウトドア・アクティビティーの数々と施設が揃っているのです。

コメント5

「澁谷征教の「日米住宅漂流記」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック