• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

燃費を18%伸ばす“淵上さんの右足”

日産テストドライバーによる「十カ条」を実践すると…

  • 池原 照雄

バックナンバー

2009年11月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「燃費」重視の走りに凝っている。きっかけは、今年3月に日産自動車がエコカー減税の対応車を一斉発表した会見に出席していたテストドライバーが唱えた「十カ条」の心得だ。以来、このアドバイスに沿った走りを心がけると、メーターに表示される燃費数値を見るのが楽しくなった。手動によるアイドリングストップも実行したところ、以前の走り方に比べ燃費を18%程度も改善できたのだ。

 日産はエコカー減税の実施に必死の取り組みで対処した。トヨタ自動車やホンダのように、この制度で免税となる国内向けハイブリッド車(HV)をもたないからだ。3月の発表は、減税対象となる7モデルを4月下旬から一斉投入するというものだった。

 開発や生産部門を総動員し、投入時期を「いずれも計画より数カ月前倒しした」(志賀俊之COO=最高執行責任者)のだった。減税制度が始まった4月時点で、「75%減税」の対象となるクルマの販売比率が4割となるよう品揃えした(減税対象車全体では52%)。大手3社では最も高い比率で減税の実施を迎えた。

 日産の4~10月国内新車販売は前年同期より7%落としたが、8%の減少となった市場全体をわずかながら上回っている。9月からは2カ月連続でプラスとなり、「10月には減税対象車の販売比率が約7割に達した」(志賀COO)。HV不在ながらの健闘ぶりは評価できる。

テストドライバーの“省燃費運転テク”を市販車に反映

 日産が「75%減税」のモデルを拡充するため、エンジンやCVT(無段変速機)の制御の改良に生かしたのがテストドライバーの“省燃費運転テクニック”だ。このドライバーはパワートレイン実験部の淵上夏次さん。あと数年で定年を迎える大ベテランであり、社歴の38年間は一貫して燃費性能に関する実験に従事してきた。

 燃費性能を訴える日産のTVコマーシャルでは「淵上の足」というフレーズのバージョンもある。テストドライバーといっても、淵上さんの担当は高速での走行やコーナリングなど限界性能をテストする派手な役回りではなく、あくまでも燃費だ。

 同じ部署のメンバーたちと一般道でのテストを行うと、燃費、平均車速ともに、いつもトップを記録するという。燃費もいいが、一番早く目的地に到達するということになる。日産は淵上さんのテクニックを解析、発進時にエンジン回転が徐々に上がるように制御した「スムーズ発進アシスト」などを市販車に採用した。

 その淵上さんが、燃費を伸ばすための以下の「十カ条」を披露してくれた。

 4月からは、これらを頭に叩き込んで走るようにした。

コメント8件コメント/レビュー

私も買い換えた車に燃費表示機能がついていたのをきっかけ省燃費を心がけるようになりました。コツはまさに書かれている通り「加速はなるべくゆっくりと、定速走行&減速時はなるべくブレーキを踏まず、自然減速で」というもので、燃費が格段に上がります。「車の流れについていけず、迷惑になる」という意見が出てましたが、前の車との車間距離を少し長めにし、何台か前の車の動きに気を付けていれば、前方の車の急な加減速に十分対応出来ますし、逆に車の流れをスムーズにすることができます。以前は「車間距離は短く。前の車がブレーキ踏んだら即ブレーキ」という運転をしてましたが、随分変わりました。(2009/12/04)

「池原照雄の「最強業界探訪--自動車プラスα」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私も買い換えた車に燃費表示機能がついていたのをきっかけ省燃費を心がけるようになりました。コツはまさに書かれている通り「加速はなるべくゆっくりと、定速走行&減速時はなるべくブレーキを踏まず、自然減速で」というもので、燃費が格段に上がります。「車の流れについていけず、迷惑になる」という意見が出てましたが、前の車との車間距離を少し長めにし、何台か前の車の動きに気を付けていれば、前方の車の急な加減速に十分対応出来ますし、逆に車の流れをスムーズにすることができます。以前は「車間距離は短く。前の車がブレーキ踏んだら即ブレーキ」という運転をしてましたが、随分変わりました。(2009/12/04)

記事には出てこなかったようですが、十ヶ条の最後にある「最適なギア、エンジン回転数」について。最近は殆どオートマ車ばかりなので普段の走行では手でギア切り替えはしないでアクセルまかせの人が大部分だろうと思います。平地の場合は車におまかせで十分ですが、山坂道の場合は車まかせのギヤダウンでは燃費が悪くなります。エンジン音に気を配りつつ勾配に応じて、車が自動でギヤダウンするより早めに手動でギヤダウンやアップをするとエンジンに無理がかからず燃費にも有利になります。当初からオートマ車で運転を始めた人には分かり難いかもしれませんが、マニュアル車時代から乗り続けている人達にとってはこれは常識でしょう。私は2000cc車ですが山坂道ではtop3rd2ndと頻繁に手動切り替えしています。アクセルを踏み込むキックダウンは絶対にしません。(2009/11/30)

nikkeiの記事にWVの省エネ運転法が書かれていて、そこではアクセルを余計に踏んでもできるだけトップで走れとありましたのでそれもやっています。効果があります。現在6年目のバッテリーで、信号で止まる度のエンジンストップをもう2年程やっていますが、バッテリーは大丈夫ですよ。メンテは年に2回の給水と充電です。セルモーターが心配かも。陸橋の下りや、先の信号が赤なら当然、エンジンオフの惰性です。パワステも電子制御もありませんから、どってことありません。エンジンを止めた後、キーをオンにしておけば、クラッチを繋ぐだけで再始動(ギアはトップです)できますし。惰性が長いとブレーキのアシストが無くなりますが、スピードも落ちていますので踏力が大きくなるくらいです。今時の車でやってはいけません。(2009/11/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授