• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

67歳男性自営業の方のご質問に答えます。

「広告オールドスクールの教え」を、実践で使う方法

  • 須田 伸

バックナンバー

2009年12月8日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 3週間にわたって「広告オールドスクールの教え」をテーマに執筆しました。今週から別のテーマで書こうと考えていたのですが、前回のコラムに寄せられたコメントを読み、もう1週だけ、このテーマで書こうと思います。

 そのコメントは、以下のものです。

はじめまして。男性、67歳、自営業(極小学習塾&インターネット利用の通信添削塾を運営)です。通信添削塾のHPによる広告で愚考をくりかえしています。 貴記事を拝読させていただきました。「物語」が大切なのはよくわかりますが、いざ「物語」を書こうとすると、どのように構成したらよいのかわかりません。具体例を具体的に掲載していただけるとありがたいのでありますが、いかがなものでしょうか?

 「具体例を具体的に」というリクエストです。

 たしかに、世の中には、学習塾や通信教育の優れた広告の事例はあります。また、私も過去にスクール系のクライアントの仕事をしたこともあります。ですから、そうした「具体的な事例」を「ご参考までに」と紹介すれば、それでこのリクエストにこたえることになるのかもしれません。

 しかし、先週のコラムで「他社の戦略を表面的にコピーすることは、得策ではない」と書きました。それは、先週もそうであったように、今週も変わらない事実であります。しかも、得策どころか下手をすれば、大きな怪我につながりかねないリスクがあります。

 広告は、ひとつ、ひとつ、オーダーメイドでつくられるべきものです。

 ひとりの体形にジャストフィットした洋服が、隣の人にとっては肩が合っていなかったり、袖が長すぎたり、短すぎたりする、といったことは、ままあることです。むしろ、隣の人にもジャストフィットすることのほうが例外中の例外なのです。ですから、「具体的な事例を具体的に」紹介するよりも、この読者の方の経営する学習塾&通信添削塾のためのオーダーメイドの物語を立案するべきです。

 しかし、コメントの中に書かれた情報だけでは不十分です。
 では、何もできることはないのか?
 私は必ずしもそうだとは思いません。

 「広告オールドスクールの教え」が、どのような追加取材を行い、どこに着目し、どのように物語の構築を行っていくのか、「思考のプロセス」を紹介することはできると思います。

コメント3件コメント/レビュー

先日コメントさせていただいた67歳男性自営業者です。私めの愚請をただちに取り上げていただき、しかも懇切丁寧なご回答をいただきまして、感謝と感激の気持ちでいっぱいです。ご回答とともに、本シリーズをもういちど熟読させていただいて、よく咀嚼させていただき、読んでくださる方々の心に残るような「物語」を構築していきたいと思います。ほんとうにありがとうございました。(2009/12/08)

「Web2.0(笑)の広告学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

先日コメントさせていただいた67歳男性自営業者です。私めの愚請をただちに取り上げていただき、しかも懇切丁寧なご回答をいただきまして、感謝と感激の気持ちでいっぱいです。ご回答とともに、本シリーズをもういちど熟読させていただいて、よく咀嚼させていただき、読んでくださる方々の心に残るような「物語」を構築していきたいと思います。ほんとうにありがとうございました。(2009/12/08)

答えはあなたの中にある、というだけでなく、そこへのアプローチの方法から具現化の手法までを提示する。丁寧な回答だと思いました。しかし、実現するには相談相手を育成することから始まるんでしょうねえ。the long & winding road.(2009/12/08)

『進むべきゴールをイメージすることは、部外者にはできません。それは、主体となる事業者にしかできないことです。』私はコピーライターで日々、クライアントと向き合っているのですが、この言葉を聞かせてあげたいです。表現の表面だけ真似てもしょうがないですよね。残念なことに、大きな企業ほど担当者レベルで「進むべきゴール」がイメージできてないです。お役所仕事、ガキの使いみたいな仕事をする方が多いです。もっと会社のトップがどういうイメージをもっているのか、自分はこの会社をどうしたいのか、自分に課せられた使命は何かを、しっかりイメージしてほしいものです。今回のコラムは実はクライアント企業ほど見て欲しいなと思いました。(2009/12/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長