• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

1890円で「無料」の本がガンガン売れてます。

『フリー』から見えてくるマスメディアのこれから

  • 須田 伸

バックナンバー

2009年12月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 私は、以前にこの連載において、「第一原則:メディアは広告で動くのです」というタイトルで、消費者が無料、あるいは大幅に値引きされた価格で享受できる「マスメディア」というビジネスモデルを成立させてきたのは、広告という後ろ盾のおかげである、という話をしたことがあります。

 『フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略』という1890円の価格がつけられた単行本が、今、売れています。この書籍の中でも、マスメディアの広告ビジネスモデルは、「一世紀以上の歴史を持つ、消費者がコンテンツを無料で得るために、第三者(広告主)が費用を支払う三者間市場」として、かなりのスペースを割いて取り上げられています。

 今回は、「フリーモデルの先駆者=マスメディアと広告」の未来を考えるという視点で、この2009年のビジネス書スマッシュヒットを考察してみたいと思います。 

「フリー」が破壊するマスメディアビジネス

 「フリー(無料)」ビジネスの先駆者的存在であるマスメディアの広告収入は、現在、凋落傾向にあります。

 在京民放キー局5社すべてが2009年4月~9月で対前年比減収となり、電通・博報堂の同時期の決算も経常益が前年比2ケタ減と、厳しい数字になっています。この傾向は世界的なもので、「フィナンシャル・タイムズ」によれば、アメリカでは2009年に入って新聞の広告収入が29%減っており、「ニューヨーク・タイムズ」が年末までに編集部門で全体の8%にあたる100人を削減すると発表するなど、広告収入の落ち込みに対応してのリストラの動きも、数多く見られます。さらには「このままでは新聞に未来はない。NPO化して、公的支援を受けるべき」という主張の論文を、「ワシントン・ポスト」の副社長が発表して話題になっています。

 こうした中、ニューズ・コープのルパート・マードック会長兼CEOが、「当社のニュースコンテンツを一銭も払わずに手に入れて、好きなように使う権利があると思っている人がいる」「公正な利用ではなく、泥棒だ」と、グーグルに代表されるネット企業を批判するなど、怒りの矛先は新たな「フリー」へ向けられているように見えます。

 果たして、これまで広告マネーが支えてきた、マスメディアのフリーモデルは、インターネットという新たなフリーモデルの主役の登場によって、ついえてしまうのでしょうか?

感情論に流されず、冷静に見るべき

 マスメディアの広告枠への需要が供給を大きく上回っていた時代は、もはや完全に過去の話です。紙面や、放送時間といった「枠」を飛び越え、情報が、あふれても、あふれても、受け止めることができる、無限のサイバースペースの出現によって、風景は一変しました。

 一方で、限られた紙面、限られた放送時間の価値が、ゼロになることもないでしょう。

 現在は、まるでフリーフォールのように見えるマスメディアの減収傾向も、どこかでバランスがとれるはずです。ネットの言論を見ていると、マスメディアへの、批判的な感情が目立ち、「マスメディア崩壊」「マスゴミはもういらない」といった言説が目立ちます。

 これまで圧倒的な強者だった存在が、人間っぽい弱さを帯びることによって感じられる、カタルシス効果がそこにあるのは、よく理解できます。これまでミスター・パーフェクトだと思われてきた、プロゴルファーのタイガー・ウッズが、実は自分たちと変わらない、人生のトラブルを抱えていることがわかったことに大喜びして、ひたすらタイガー・ウッズ・ジョークをTwitterなどでつぶやき続ける人々の行為に、とてもよく似ています。

コメント3件コメント/レビュー

今はサービスや商品に対価を払う事が当たり前であり、それを当然とする消費者が市場を支えているのでフリーを謳ったビジネスモデルが成り立ちますが、この先はどうでしょうね。フリーでサービスを受ける事が当然だと考える世代に移行することは、ネット上でのデフレスパイラルを招くだけではないでしょうか。P2Pでのファイル交換ソフトが大きな問題になるのも、できれば対価を支払いたくないというのが人間の本質だからだと思います。(2009/12/17)

「Web2.0(笑)の広告学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今はサービスや商品に対価を払う事が当たり前であり、それを当然とする消費者が市場を支えているのでフリーを謳ったビジネスモデルが成り立ちますが、この先はどうでしょうね。フリーでサービスを受ける事が当然だと考える世代に移行することは、ネット上でのデフレスパイラルを招くだけではないでしょうか。P2Pでのファイル交換ソフトが大きな問題になるのも、できれば対価を支払いたくないというのが人間の本質だからだと思います。(2009/12/17)

(続き)例えばTVで活躍中の古館アナウンサーの時給は10万円だそうです。みのもんたあたりはもっと行くでしょう。なおかつJASRACという典型的な天下り著作権保護団体の理事長の年収は2千万円以上いくと聞きました。ネットにおけるフリー問題はこれら既得権益層の利益を明らかに侵害する為に、彼らは表であれ裏であれ必死でフリー関連に妨害を行っています。そういう既得権益層が権益を持っている限り「フリービジネス」は発展しないと思いますね。(2009/12/15)

常々ネット時代のフリーの在り方を考えています。フリー問題と切っても切れないのはやはり著作権なのですが、表にでているエンドユーザーの多くは「何もそんなに目くじら立てなくても」という感情があります。この温度差はどこからきているのかというと、先ほど「表」と書きましたが対する「裏」もあり、表に居る人は著作権で金儲けはしません。単純にネット間における仲間どうしのたわいないやりとりの一環のはずでしたし、それ自体はオフラインにおいて「あのCD貸して?」「いいよ~」とやりとりして録音するのと気持ちは一緒でしょう。しかしながら裏で稼いでる人もいる訳で、そういう人達の分だけ「広告及び著作権を商売にしている人達」の稼ぎが減るからですね。それがかなりの暴利暴益を貪ってるのだとしても。(2009/12/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授