• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「創造への挑戦」なら疲労感なし

師走に今年のプロジェクトを振り返る

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2009年12月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ついにまた年末になってしまった。本当に光陰矢のごとしだ。読者の皆様、ご苦労様でした。昨年9月のリーマンショック以来、大変なことばかりだったと思う。

 企業の経済環境は厳しく、「県境を越える出張は社長決裁です」という話も聞いた。ほとんどの人は収入も貯蓄も減ったことだろう。人生のうちで一番厳しかった1年と思っている人も多いだろう。

 しかし、師走とはよく言ったものだ。師は僧侶の事らしく、年末は仏事で忙しいということのようだ。しかし、私たちの大学の工学部の教員も忙しい。1月末に卒業論文や修士論文の提出締め切りがあるので、12月と1月がラストスパートの時期なのだ。たっぷり余裕を持って早めに論文を完成させるマネジメント力のある学生もいるのだが、それはせいぜい5人に1人ぐらいだ。ほとんどの学生は締め切り直前に最大の力を発揮しようとする。スチューデント・シンドロームというやつだ。

 大晦日まで実験をやる破目になり、私たち教員が付き添っていたこともある。かつて研究室のS助教授は元旦に餅を持って出勤していた。元旦さえ休めない切羽詰った学生に、少しだけ正月らしくさせてやろうと思ったからだ。学生は一生に1回のことだが、教員はこんなことを毎年繰り返していてはたまったものではない。

年末年始に忙しいことの幸せ

 アメリカズカップの仕事をしていた7年間は、ほとんど年末年始特有の雰囲気を味わうこともなかった。1995年の1月2日には、サンディエゴのベースキャンプに出勤していた。ミレニアムだった1999年から2000年にかけては、クリスマス前からニュージーランドのオークランドにいた。2000年の1月2日から準決勝の試合が始まることになっていたからだ。

 アメリカズカップの5カ月にも及ぶ長いレースの中で要所にベースキャンプを訪れていた私は、現場の責任者に何度も言われた。

 「みんな疲れていますから」

コメント2

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック