• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

そう、プロペラエンジンの復活なのだ

航空機エンジンで半世紀ぶりの技術転換

  • 佐藤 紀泰

バックナンバー

2010年1月14日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 航空機エンジンにおいて、ほぼ半世紀ぶりとも言える大きな技術転換が始まろうとしている。英ロールス・ロイスや米ゼネラル・エレクトリック(GE)という世界大手2社が次世代エンジンの柱とする「オープンローター」だ。

 まずは下のイラスト図を見ていただこう。そう、プロペラエンジンの復活なのである。もちろん、第2次世界大戦前に主流だったピストン式のレシプロエンジンではなく、ジェットエンジンだが、機体に推進力をもたらすのは外に置いたプロペラの回転だ。

オープンローターのイメージ
画像のクリックで拡大表示

 現在、民間機では大型のケースの中のファンを回転させて空気を吸い込んで、空を飛んでいる。それをオープンローターにすれば、ケースなどをなくし、大幅に軽量化することができる。これが最大の特徴だ。

 2020年以降に登場する見込みで、これまでの既存エンジンに比べて一挙に2割以上の燃費改善への道を開く「夢の技術」とされる。

 日本の航空機エンジンではIHIに次いで2 位の川崎重工業は、オープンローター時代の基幹部品を自社に取り込むため、早くも研究開発に本腰を入れている。同社の衣斐正宏・執行役員(航空機エンジン事業担当)に聞いた。

(聞き手は佐藤紀泰=日経ビジネス編集委員)

 ―― 航空機業界で次世代エンジンとして「オープンローター」が注目を集めています。川崎重工も中核部品である特殊ギアの研究開発に力を入れていますね。

 衣斐 オープンローターの時代になれば、「ギア技術」が非常に重要になります。実は航空機ではギアと言うのですが、我々の強みであるヘリコプターのエンジンではトランスミッションという言葉を使います。

特殊ギアで、生産担当シェアを拡大

 衣斐 2つは技術的には同じです。エンジンの駆動力を使って、オープンローターならプロペラを、ヘリコプターならブレードを回転させるのです。

 川崎重工ではヘリのトランスミッションでは世界的にも技術が高く評価されてきました。その技術を民間旅客機のエンジン分野でも転用できるということなのです。

 ―― オープンローターの特殊ギアは具体的にはどのようなものなのでしょうか。

 衣斐 一般的には「遊星ギア」と呼ばれています。簡単に言えば、太陽系の太陽のように中心にギアがあり、その周辺に4つ、ないし5つのギアが組み合わされ、さらに外側にリングギアというものがあります。

コメント4件コメント/レビュー

「あれ? 「ほぼ半世紀ぶりとも言える大きな技術転換」の割には、むかし聞いたことがあるぞ?」と思ってウィキペディアを参照したら、80年代に一度注目されて、その後は脇に追いやられていた技術でしたか。技術史は必ずしもリニアでなく、またにこういうことがあるから面白いですね。記事は中盤以降、ビジネスの話主体になってしまったのがやや食い足りない、というか木に竹を接いだような印象でした。(2010/01/14)

「Last Chance ――航空機産業の活路」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「あれ? 「ほぼ半世紀ぶりとも言える大きな技術転換」の割には、むかし聞いたことがあるぞ?」と思ってウィキペディアを参照したら、80年代に一度注目されて、その後は脇に追いやられていた技術でしたか。技術史は必ずしもリニアでなく、またにこういうことがあるから面白いですね。記事は中盤以降、ビジネスの話主体になってしまったのがやや食い足りない、というか木に竹を接いだような印象でした。(2010/01/14)

軽量、低燃費、低騒音、長寿命、簡易メンテナンスのプロペラエンジンには無人偵察攻撃機用のニーズがあります。本コラムが軍用機市場からスタートしているのなら採り上げるべきではないでしょうか。今や主力制空戦闘機より加熱している自動戦闘(ロボット)航空機市場で日本が優位に立てる可能性が大なのですから。(2010/01/14)

一端は廃れてしまったアンダクテッド・ファンエンジンの復活ですか。戦闘機用エンジンの開発などより余程現実的で、将来性が望めますね。ターボファンエンジンにしてもバイパス比が大きい物は最早プロペラ機とあまり変わらないでしょう。出力の殆どがファン部分で発生しているのですから。ブレークスルーは必要かと思いますが、このような高出力、低燃費のエンジン開発こそ国策でも良いので資金投入して欲しいですね。(2010/01/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長