• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

トイレの脱臭から始まる環境浄化

TOTO「光触媒の基本技術」(その1)

2010年1月13日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 外壁に塗装するだけで、手入れの負担をかけずに、菌やカビ、汚れや悪臭などを防ぎ、建物の外観をいつまでもきれいに保つ。しかも、酸性雨や光化学スモッグの原因となり、森林破壊や健康被害を引き起こす空気中のNOx(窒素酸化物)やSOx(硫黄酸化物)などの大気汚染物質を活性酸素で分解し、浄化して、地球環境の保全にも役立つ――。

 そんな夢のような技術が実用化されている。

 TOTOが昨年から世界戦略の主軸商品として打ち出している「HYDROTECT(ハイドロテクト)」だ。

10年以上前の技術が脚光を浴びる

 ハイドロテクトはTOTO光触媒技術が採用されたタイルや塗装などの総称技術ブランド名で、この光触媒作用が持つ2つの特性を利用して、前述のような効果を得るのだという。

 1つは光触媒の「親水性」。

 塗料やタイル表面に含まれる光触媒の酸化チタンに太陽光などの光が当たると、チタン(Ti)と空気中の水(H2O)が反応し、その表面に水と非常に馴染みがよい「親水基(-OH)」の膜ができる。この水の膜によりセルフクリーニング(自浄)作用が得られる。

 では、なぜ水と馴染むと汚れが落とせるのか。

 TOTOハイドロテクト事業部ハイドロテクト事業統括部事業企画グループ特許主査の早川信が説明する。

 「親水性だと、汚れと水をどっちをつけやすいかというと、水の方が馴染むわけですよ。汚れと表面の間に水が入り込んでくれるようなイメージになるんです」

 この親水性により、静電気によるチリやホコリの吸着を抑える。外壁の場合、雨水が汚れの下に入り込むために、汚れを浮かせて、そのまま洗い流してくれるわけだ。

画像のクリックで拡大表示

 もう1つは光触媒の「分解力」。

 酸化チタンに光が当たると、空気中の水(H2O)や酸素(O2)と反応し、活性酸素(O2-および・OH)を表面に発生させる。この活性酸素が様々な有機物や菌を分解するのである。

 この「分解力」は、抗菌、抗カビ、防汚、防臭だけでなく、大気中の有害物質であるNOxを硝酸イオンに、SOxを硫酸イオンに分解する。それぞれのイオンは、雨に流されると、土壌中で植物の肥料となる。

 TOTOの試算によれば、例えば一軒家(200平方メートル)を光触媒塗料「ハイドロテクトカラーコートECO-EX」に塗り替えると、大気浄化能力が最も高い植物の1つと言われているポプラの木19本分の空気浄化効果が得られるという。

 個人の快適な暮らしにも、地球環境の保全にも役立つハイドロテクトは、2017年のTOTO創立100周年に向けての事業計画の核となっている。2009年4月1日にTOTOの社長執行役員に就任した張本邦雄の「ハイドロテクト事業をグローバル展開していこう」という号令の下、TOTOが積極的に取り組む世界戦略の中心商品として位置づけられたのだ。

「踏ん張る! 日本の技術者たち」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長