• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

原発の黒子、表舞台へ

モノづくりの力に定評、世界各地から受注が舞い込む

2010年1月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 昨年の11月25日。三菱重工業の二見工場(兵庫県明石市)では、原子炉の上蓋を作り上げたところだった。ほかのメーカーが建設した米サウステキサスプロジェクト電力の原子力発電所向けの主要機器だ。出荷前ということもあり、真新しい上蓋にはビニールシートがかぶせられている。

 三菱重工の国内での受注実績は申し分がない。これまで関西電力の美浜原子力発電所や九州電力の玄海原子力発電所など23基を建設。昨年12月には北海道電力の泊発電所3号機が営業運転を開始し、24基目のプラントとなった。

 それに対して、海外で原発そのものを建設した実績はない。海外では“黒子”として多くの実績を積んできた。米国向けに原子炉容器の上蓋を12基、蒸気発生器を4基、加圧器を1基を納入。世界各地の原発に様々な主要機器を納めてきた。

下請けに甘んじるつもりはない

 世界各地から受注が舞い込むのは、三菱重工のモノづくりの力に定評があるからだ。原発は機器にトラブルが生じると多大な損害を及ぼすために、高度な品質が求められる。また納期が遅れると建設コストが膨らむために、確実に納期を守ることが必要だ。同社はこうした要求に応え続けることで、世界の原発メーカーや電力会社の信頼をつかんできた。

 品質を確保する上で最大の武器となっているのが「スーパーミラー」という大型複合工作機械だ。これは10メートルを超える設備であり、同社の工作機械部門が作り上げた。従来は原子炉容器を横に倒して加工していたため、精度を高めるのが難しかったが、スーパーミラーは巨大な原子炉容器を立てたまま、加工できる。そのため、10ミクロン(ミクロンは1000分の1ミリメートル)単位の非常に高精度の加工ができるようになった。

三菱重工業の原子力事業本部長である澤明・代表取締役
画像のクリックで拡大表示

 しかし同社は原発メーカーの下請けに甘んじるつもりはない。モノづくり力を武器に、自らが元請けの原発メーカーとして世界に打って出ようとしている。

 代表取締役である澤明・原子力事業本部長は「2020年までに世界で130基の需要があるだろう。我々は年間2基のペースで受注していきたい」と意気込む。それに備えて約150億円を投じて、二見工場を拡張する。2011年下期には年間2基を生産できる体制にする計画だ。

 三菱重工が単独で世界展開を決断することになったのは、ある敗戦がきっかけだった。

コメント6

「原発漂流」のバックナンバー

一覧

「原発の黒子、表舞台へ」の著者

大西 孝弘

大西 孝弘(おおにし・たかひろ)

日経ビジネス記者

1976年横浜市生まれ。「日経エコロジー」「日経ビジネス」で自動車など製造業、ゴミ、資源、エネルギー関連を取材。2011年から日本経済新聞証券部で化学と通信業界を担当。2016年10月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長