• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

グリーンニューディール宮古島というアイデア

沖縄で「知能化電気社会システム」を構築する

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2010年1月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 宮古島は那覇から飛行機で50分ほど南に飛んだところにある、面積約160平方キロ、人口約5万人の島だ。美しい海で知られる。

 グリーンニューディール沖縄プロジェクトは沖縄本島のレンタカーの電気自動車(EV)化から始まりそうだが、もう1つのプロジェクトである「スマートグリッド化」、つまり「知能化電気社会システム構築」のプロジェクトは宮古島から始めるのがいいかもしれない。

 宮古島の電力は約70メガワットの石油火力発電によってまかなわれており、この中には需要変動に対応するためにガスタービン発電設備も含まれている。だから発電コストはかなり高いようだ。

 現在、宮古島では新エネルギー導入プロジェクトが進められている。風力発電と太陽光発電と蓄電装置がそれぞれ数メガワットの規模で導入される予定である。北部地域と南東地域には既に風力発電設備がある。

 しかし、この規模では宮古島の電力需要の4%程度にしか過ぎないので、グリーンニューディール・プロジェクトとはほど遠い。既存の系統電力システムに風力発電と太陽光発電と電池を接続しただけと言われても仕方がない。

スマートグリッド社会に替えていく方法

 やはり、20~30%ぐらいは再生可能エネルギー発電を導入し、お天気任せの気まぐれな発電を大規模に導入することの難しさを、IT(情報技術)と二次電池を駆使する高度な電気経営システムの開発によって克服しなければ、スマートグリッド(知能化電気社会システム)の技術開発にならない。

 それを実現するためには、宮古島全体では風力発電タービン、太陽電池施設、蓄電池施設を30メガワット程度の規模で導入することになるだろう。

コメント5

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長