• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今の日本に必要な「五つの国家戦略」

日本は“下山”することなく“登山”を継続せよ

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2010年1月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 鳩山内閣の施策にはなかなかいいものもあるし、よく勉強して行動している閣僚がいて、そんなに悪くないかもしれない。しかし、需要者サイドに向けたバラマキ的な施策が多すぎるというのは大勢の意見だ。市民にしても企業にしても、インセンティブをもらったり優遇されただけで、元気が出たり、人生が富かになったり、企業が大きく成長するわけではない。

 大きなビジョンが示され、協力し合ってそのビジョンを実現できれば、インセンティブの10倍も素晴らしいことが、一人ひとりに与えられることを信じることから始めたい。そして辛抱強く努力したり、新しいことに挑戦したりして、その結果としての成果を国民全体で分け合いたいと思うようになりたい。高度成長時代には、このような気持ちを国民全員が共有していたと思う。

 今の日本に一番欠けているのは、将来ビジョンだと思う。年が明けて、久しぶりにテニススクールに行った帰り、車のテレビから聞こえてきたのは、五木寛之さんへのインタビューだった。はっきり言って、残念な思いがした。彼はこんなことを言っていた。

 「国の歴史は山登りみたいなものです。日本は山に登って、今は下山中ですから、いい下山の仕方をして国の仕上げをしなければいけません。下山中に転ばないように」

日本が登らなければならない新しい山

 国も企業も人も、永遠に山に登り続けなければならないと私は思っている。時々下山しなければならない局面に遭遇することもあるだろう。しかし、いつも新しい山を探し求めて発見し、改めて登り続けて、いつまでも進歩への努力を怠らないようにしなければならないのではないか。

 進歩のベクトルは、時代とともに変わるものだ。21世紀になってそのベクトルをどの方向に向けるかの暗中模索が続けられているのが現代の一番中心的な姿なのかもしれない。

 新たに登らなければならないのはどの山なのか。新しいビジョンは何なのか。
 
 社会福祉や医療や教育のインフラも大切だが、製造業には大きな変革を伴う成長が求められているし、サービス業にはブレークスルーが必要だ。環境と資源エネルギーに関しては、一番大きな、一番賢い世界規模の経営が求められている。

 たくさんの新しい山へ登らなければならない。どのように登山を成功させるかが大切である。そのために戦略を立てることが急がれている。その意味では、民主党政権が国家戦略室を設けたのはいいことだ。さらにスタッフを増強するそうだし、是非成果をあげてほしい。

 少し大胆だが、私なりに五つの国家戦略を挙げてみようと思う。

コメント11件コメント/レビュー

5つの国家戦略と言うから覘いてみたら個人的、ある一片からしか見ていないようで残念です。IMDの国別ランキングで世界が日本をどのように評価しているかを知れば、少しは変わったようですね。このような評論が跋扈して世論を誘導する意図があると怖いですね!(2010/02/01)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

5つの国家戦略と言うから覘いてみたら個人的、ある一片からしか見ていないようで残念です。IMDの国別ランキングで世界が日本をどのように評価しているかを知れば、少しは変わったようですね。このような評論が跋扈して世論を誘導する意図があると怖いですね!(2010/02/01)

イノベーションはそんなに再々はない。イノベーションがないと経済成長しないのなら、たまにしか経済成長しないだろう。イノベーション待望もカルト宗教である。(2010/01/31)

>少し大胆だが、私なりに五つの国家戦略を挙げてみようと思う。この「少し大胆」に疑問。毎週筆者は「アイデア倒れでなく根拠のある記事を希望する」とリクエストされていませんか? この「大胆」は以下を見るに、要するに思いつきで、どれだけ読者が建設的に「裏づけのある記事を期待していますよ」とメッセージを投げても 一切気にしていないように見えます。それこそ、もしかして「戦略」? あるいは「戦略のなさ??」 本当に理系の経営学を考えているのなら、一度時間をかけて、よく準備しなおしてから執筆されるのもひとつの方法だと思いました。 (2010/01/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長