• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

正直者はトクをする、という単純なお話

  • 須田 伸

バックナンバー

2010年2月2日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 グーグルが、中国政府による検索サービスへの検閲を「これ以上受け入れ続けるつもりはない」とし、中国市場からの撤退も検討すると発表して以来、中国、アメリカ、両政府を巻き込んでの大きな議論になっています。

 グーグルといえば、その社是に「Do no Evil」(邪悪なことはしない)と掲げていながら、これまで中国政府による検閲を受け入れてきたことから、「グーグルの中国での対応は、自らのモットーに反しているのではないか?」という声が常にありました。

 そうした声に対してグーグルは今回、それが目的ということではなく副産物としてかもしれませんが、結果的に「我々にとって、Do no Evilは単なるスローガンではなく、リアルである」と証明することになりました。

グーグルにとって「Do no Evil」がクリティカルである理由

 もちろん、成長を続ける中国市場からの撤退ということになれば、創業以来一貫して成長を続けるグーグルにとっても大きな機会損失であることは間違いありません。また、「どうせ検索サービスでは中国首位の『百度』には勝てないから、ひらきなおったんだ」という見方もありますね。

 しかし今回のことで、「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて、使えるようにすること」をミッションと掲げるグーグルが、自分たちの「Do no Evil」という姿勢を、世界中の人々から理解してもらうことになったのは、非常に価値のあることです。

 「道に迷わなくて便利!」という声もある一方で「プライバシーの侵害だ!」という批判を受けることも多い、グーグル・ストリートビューや、「人類の知のデータベースとなる野心的な取り組み」という声と「著者や出版社を無視した複製」という声の両方があるグーグル・ブックサーチなど。グーグルのサービスには、革新的な魅力と同時に「ジョージ・オーウェルが描いたビッグブラザーとは、グーグルのことだったのか」といった警戒感を人々に抱かせるものが少なくありません。

 そうした反応は、「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて、使えるようにする」という目的遂行の中で、ある程度は受け止めなければならないことだとしても、今後もさまざまな野心的な取り組みを推進してくために、大多数からは「グーグルは、Do no Evilである」とあらためて理解してもらう必要があったと思います。

 グーグルのCEOエリック・シュミットはニューズウィーク誌のインタビューで「我々は、今までの会社とは違う。常にビジネス最優先で行動するとは限らないと、2004年の株式公開の時にも投資家に向けて説明している」と、答えています。

 今回のグーグルの決断と発表は、グーグルへの投資家に留まらず、多くの人に「グーグルは、今までの会社とは違う」というメッセージを伝達することになりました。

 アメリカの報道機関の記事や個人のブログ、Twitterでの発言などを見ていると、概ねアメリカの人々が今回のグーグルの方針を支持しているのがわかります。

コメント5

「Web2.0(笑)の広告学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)