• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

人は、自ら目標を定めて努力して育つ

社長になる卒業生Y君を成長させたのは“環境”

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2010年2月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「へーイ、タクシー」「歌舞伎町、花園神社の近く」。32年前に東大の正門前でこう叫んでいたのは、当時4年生だったY君だ。本郷から新宿へ向かったのは、もちろん飲みに行くためだった。事もあろうに、私がサラリーマン時代の友達とたまに飲みに行っていたスナックの建物の2階に、Y君たちの行きつけのスナックがあった。

 32年間の長い教員生活で学生たちと飲むことは多かったが、一番盛んだったのが大学へ転職した最初の年だった。その年の4年生と飲むことが多かったのだ。「ヘーイ、タクシー」と言った最もワイルドなY君は、今度、大手上場企業の社長になる。

 29歳で転職した先の東大船舶工学科の研究室は、船舶工学科の名門研究室だった。私を招いた教授は、その後、文化功労者になったし、そのまた前の代の先生は文化勲章をもらっていた。しかし、私が転職した時、その研究室は荒れていた。教員と学生との信頼関係が崩れていて、研究室の雰囲気も暗く、研究成果も今一つと言った状態だった。だから専門分野も違う民間人の私が呼ばれたのかもしれなかった。

明るく元気な研究室にしたい

 最初の年、卒業論文のために6人の学生が私たちの研究室にやって来た。6人のうち1人を除く5人は、船舶工学科で成績が最も悪い5人だった。新宿にタクシーで飲みに行ったりしていたことからも分かるように、結構不良学生だったかもしれない。
 
 着任早々だったが、6人のうち4人の卒業論文は私が指導することになった。私の大学教員生活はこの4人のワイルドな学生と付き合うことから始まった。

 大学には色々な名目でコンパと言う飲み会がある。ところがこの研究室では教授があまりに偉いので、盛り上がらない。いつも20時半までは教授の話を静かにお聞きする会だった。料理も決まりきって寿司とビールだった。20時半に教授が帰ると少し元気が出るのだが、それでも雰囲気は今一つといったところだった。

 私は研究室を明るく元気な形にしたいと思った。そして次のコンパが迫った頃、Y君に言った。

 「コンパを盛り上げるように何か企画しよう」
 「カラオケを持ち込んでもいいですか?」と彼は言い出した。

 6人の卒論生のうちの3人とは歌舞伎町でたくさん親交を深めていたので、6、7歳しか年の違わない私とは信頼関係が深まっていた。

コメント3

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長