• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

本日は広告料金世界一、「スーパーボウルCM」の日、です。

  • 須田 伸

バックナンバー

2010年2月8日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 全米プロフットボールNo.1を決める試合であると同時に、CM媒体として1秒あたりの価格が世界でもっとも高いイベント、スーパーボウルの日がやってきました。いつもは火曜日配信の当コラムですが、今週は特別に、時差の関係でスーパーボウル開催日となる月曜日にお届けします。

 といっても、実際に流れるCMは、基本的に事前に見ることができるわけではないので、CM自体の論評ではありません。ただ、今年のスーパーボウルCMの話題の中心は、むしろ試合前にあります。どこが広告を出稿して、逆にどこが出稿をやめたか。今週は、この「世界一の広告枠」を巡る話題から見えてくる、広告コミュニケーションの現在位置について、考えてみたいと思います。

ペプシのいないスーパーボウル

 今年の最大の話題は、「ペプシがいない」ということでしょう。

 長年、このイベントで話題のCMを流し続けてきた、ソフトドリンク業界のメガブランド、ペプシは「スーパーボウル中継枠でのCMを2010年はやらない」と昨年のうちに発表しました。そのかわりに、ウェブサイト上で「社会をリフレッシュするようなアイデア」を広く募集し、みんなの投票で選ばれたプロジェクトへ資金を提供する、「ペプシ・リフレッシュ・プロジェクト」に予算を配分するのです。

 これについては「ライバルのコカコーラにとっての大きなチャンスであり、ペプシは大きなリスクをとった」という見方と、「これからの時代の企業の社会とのコミュニケーションのありかたを示唆する野心的な取り組み」として高く評価する声の両方があります。

 ペプシといえば、1980年代において、マイケル・ジャクソンをフィーチャーして、「新しい世代の選択(The Choice of a new generation.)」をキャッチフレーズに大規模な広告宣伝を行い、ライバルのコカコーラの牙城を切り崩していきました(この時代のマーケティング合戦を描いた『コーラ戦争に勝った!』は、実に面白い読み物です)。

 そうしたマスマーケティングのインパクトと効果を知り尽くしたブランドが、スーパーボウルCMから撤退する、それこそが21世紀の「新しい世代の選択」なのか? と大勢の注目を集めているのです。

 いわゆる「コーズ・マーケティング(Cause Marketing)」あるいは、社会貢献型マーケティングに対しては、その実効性を含めいろいろな見方があるのは事実です。しかし、私は、今回のペプシに関しては、スーパーボウルCM放送から撤退する、という話題の盛り上がりだけで、既にかなりのブランドとしての「広告効果」があったのではないかと思います。事実、ブログやTwitterなどのソーシャルメディア上での消費者からの反応は、ペプシの今回の方針に対し好意的なものが目立ち、ネガティブな意見はほとんどありません。

コメント1件コメント/レビュー

日本を含めて世界的にはそれほど人気が無い、アメフトが広告料金世界一というのは、米国の経済力と米国民のアメフトへの熱狂的な思いが感じられますね。ちなみに2番3番はどんなスポーツですかね。車のインディー500か野球のワールドシリーズかアイスホッケーやバスケットボールなのか、もしかしたらライスボウルやローズボウルなどアメフト系で上位独占なのかな。ひるがえって日本は、広告料金日本一って全く話題にもなりませんが、広告激減でマスコミが軒並み四苦八苦している状況では、かえってしょぼい話題にしかならなそうで怖いです。(2010/02/09)

「Web2.0(笑)の広告学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本を含めて世界的にはそれほど人気が無い、アメフトが広告料金世界一というのは、米国の経済力と米国民のアメフトへの熱狂的な思いが感じられますね。ちなみに2番3番はどんなスポーツですかね。車のインディー500か野球のワールドシリーズかアイスホッケーやバスケットボールなのか、もしかしたらライスボウルやローズボウルなどアメフト系で上位独占なのかな。ひるがえって日本は、広告料金日本一って全く話題にもなりませんが、広告激減でマスコミが軒並み四苦八苦している状況では、かえってしょぼい話題にしかならなそうで怖いです。(2010/02/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長