• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

若いエリートを活かす組織が日本からなくなった

トップリーダーを「株式会社PSI」から輩出する夢

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2010年2月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1月の半ば。この時期は学生たちがエネルギーを最大限に発揮して卒業論文や修士論文に取り組んでいるので、学生にもこちらにも余裕がない。また一方で、最近の学生は飲酒やコンパから離れてきているので、なおさら、学生と飲む機会は少なくなった。

 それなのに、1月半ばの金曜日の夜、たまたまいた数人の学生と研究室で缶ビールを飲んだ。

 就活中の修士課程1年の学生も2人いた。だから話題は就職のことになった。
 「先生、どの会社がいいですか?」

 私は真剣に考えて、10ほどの企業名を挙げたのだが、先が続かなかった。日本のトップクラスの優れた人材をしっかり育ててくれそうな企業があまりにも少ないのだ。

20代の若者でも産学連携プロジェクトを推進できる

 東大工学部のシステム創成学科ができたのは10年前のこと。その中の知能社会システムコースは特にユニークなものだ。英語名は「Program for Social Innovation(略称:PSI)」という。「理系と文系の垣根を取り外した教育を行う」「日本のリーダーを育てることを目標にする」。こう公言して学生を集めた。こんな青臭いかもしれない宣伝文句に20歳の若者が応えてくれるのか半信半疑だった。

 しかし、そんな心配は杞憂だった。開設当初から優秀な学生が殺到した。東大では教養課程から専門課程に進む過程で厳しい進学先選びの競争があるのだが、知能社会システムコースはほとんど最難関の進学先になった。以来10年間その評価は変わっていない。

 彼らが4年生になって私たちの研究室へ来てから行うのは卒業論文の研究で、大学院に進学すれば修士論文の研究を行うことになる。私たちの研究室では、それらの研究テーマのほとんどが産学連携テーマである。研究のための研究、学会発表で実績を作ることが目的のような研究は行わないことにしている。本当のリーダーになる人材を育てるためには、現実の経済活動を変革するモデルを創造する経験を早い時期からすべきだと思ったからだ。企業経営、環境ビジネス、物流・交通・小売業と、守備範囲は自分でも驚くほど広い。

 10年間、このような教育と研究と社会貢献の3つを同時に実現するプロジェクトを学生たちと一緒に行ってきて分かったのは、強いリーダーがいれば、20代の若者であっても、世界トップクラスの先進的なプロジェクトを成功に導くことができるということだった。

コメント17件コメント/レビュー

 新シンクタンクのお客様が日本企業や政府だとすると、日本の風土の呪縛がやはり大きくのし掛かってくると思います。元々SRIを参考に誕生したN社等も、初志のままではお客様から仕事が取れず、今の姿になってしまったのでしょう。 例えばNext11諸国をお客様にしたり、ムハマド・ユヌス氏のようなソーシャル・ビジネスと関連を持たせたりという所に、活路は見いだせないでしょうか?(2010/02/16)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 新シンクタンクのお客様が日本企業や政府だとすると、日本の風土の呪縛がやはり大きくのし掛かってくると思います。元々SRIを参考に誕生したN社等も、初志のままではお客様から仕事が取れず、今の姿になってしまったのでしょう。 例えばNext11諸国をお客様にしたり、ムハマド・ユヌス氏のようなソーシャル・ビジネスと関連を持たせたりという所に、活路は見いだせないでしょうか?(2010/02/16)

日本の企業に足りないものは、確かに、リーダーシップですね。日本は、お上が決めたことを下々が服従することを美とする文化である以上、リーダーシップがなければ、グローバルな競争力などは、とても期待できないです。企業のミドルマネージメント層は、定年まで無難に過ごすことを第一目的としているため、老害となり、若い変革の力に対して、抵抗というリーダーシップを発揮します。私見としては、大企業(公務員も)では、定年50歳とすべきです。そうすれば、定年から年金受給までの15年間を見据えたキャリア作りを行い、結果、企業が活性化されます。勿論、よいリーダがその中から生まれるに違いないと思います。因みに、企業としても、生産性のない高給社員を撲滅することにより、大幅なコスト削減に繋がります。ぜひ、従来に囚われず、根本的な解決策を提言して頂きたいと思います。期待しています。(2010/02/15)

 「エリート」ほど古臭く愚かな言葉はない。この言葉を日経の記事として用いるセンスの欠如に驚いた。「エリート」が生産したものは何も無く、あったとしても愚かなものばかりだ。知識の本質をつかめず、生産に寄与できない「エリート」は社会悪である。典型が官僚組織である。日本国のパワーが低下したのは、この愚かな「エリート」意識であり、またそれを「利用」とする傀儡者の集団である。さらにこの言葉は差別用語ととらえられる場合があるが、そこに投入される公費(税金)を考えると、泥棒と考えるべきである。書き足りないが、教育とは全ての人間に知識を与えるものだ。その意味でも、今後氏の記事は読みたくない(2010/02/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長