• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

システム管理者は“復讐”する

止められるのは経営者、「お疲れ様」と思っているか

2010年2月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「ああ。またプロの犯罪が――」

 1月29日金曜日、帰宅して日本経済新聞の夕刊を眺めた時、こうつぶやきたくなった。

元勤務先のサーバーに不正アクセス

 夕刊に載っていたのは、『昔の勤務先に不正接続容疑 警視庁、男を逮捕』という見出しの小さな記事である。読んでみると、警視庁ハイテク犯罪対策総合センターが不正アクセス禁止法違反や電子計算機損壊等業務妨害の疑いで39歳の会社員を逮捕した、とある。

 容疑者は以前勤務していた企業のサーバー(コンピューター)に、自宅のパソコンから不正にアクセス(侵入)し、サーバーの中にあったファイル(データを入れておくところ)を2万件あまり勝手に削除し、古巣の業務を妨害したらしい。

 日経ビジネスオンラインの読者の方々は、「ハイテク犯罪対策総合センター」という組織があること、そのセンターが「不正アクセス禁止法違反」や「電子計算機損壊等業務妨害」という、ものものしい名称で呼ばれる行為をした容疑者をしっかり逮捕してしまうこと、に感心されるかもしれない。

 だが、筆者の関心はそこにはなく、もっぱら容疑者の動機にあった。日経夕刊によると容疑者は「担当業務への評価が低く恨みがあった。どれだけ大変な仕事か分からせようと思い、怒りに任せてやった」と供述したそうだ。

「どれだけ大変な仕事か分かってほしい」

 容疑者はもともと、この企業でシステム管理者を務めていたが、昨年9月末に退職、その直後の10月から、不正アクセスを繰り返していたという。

 9月末の退職に至るまで、その企業の中で実際にどのような経緯があったのかは不明だが、仮に理不尽な扱いをされたのだとしても、「恨み」から「怒りに任せ」、情報システムという自分の専門領域で違法行為をしてはプロフェッショナルとは呼べない。

 そもそも、管理者が退職してすぐにコンピューターの調子がおかしくなったら、ハイテク犯罪対策総合センターでなくても元管理者を疑うだろう。

 とはいえ、「大変な仕事」なのに「評価が低く」、なんとかして「分からせようと」という下りを読むと、冒頭に書いた通りで、「ああ…」とつぶやきたくなってしまう。残念なことだが、システム管理者の仕事に対する世間の理解はまだまだと言えるからだ。

コメント24件コメント/レビュー

IT系の企業に勤務しています。客先に常駐してお客様のシステムの保守をずっと行っています。お客様はそれなりに感謝をしてくださいますが、むしろ自社においては保守という仕事は全く評価されません。プロの企業においては保守という作業を評価されない-つまり顧客側の企業でも情報システム保守をITベンダー系に依頼しようとしてもそれを受ける会社が少ないというのが現状です。(評価されないからよほどのことがないと保守という仕事を請けようとはしない。)実際に保守作業をしていると、開発よりも高いスキルが必要であるものです。しかし上記のような現状なため、配下で保守作業をする人材で高いスキルの人間を確保することが大変難しい状況です。そしてその人材確保が難しい状況は顧客にも理解されていない状態です。結果保守者の塩づけという問題になるのですが、ソフトウエア工学的にもほとんど光が当たっていない実情です。(2010/03/02)

「経営の情識」のバックナンバー

一覧

「システム管理者は“復讐”する」の著者

谷島 宣之

谷島 宣之(やじま・のぶゆき)

日経BP総研

一貫してビジネスとテクノロジーの関わりについて執筆。1985年から日経コンピュータ記者。2009年1月から編集長。2015年から日経BP総研 上席研究員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

IT系の企業に勤務しています。客先に常駐してお客様のシステムの保守をずっと行っています。お客様はそれなりに感謝をしてくださいますが、むしろ自社においては保守という仕事は全く評価されません。プロの企業においては保守という作業を評価されない-つまり顧客側の企業でも情報システム保守をITベンダー系に依頼しようとしてもそれを受ける会社が少ないというのが現状です。(評価されないからよほどのことがないと保守という仕事を請けようとはしない。)実際に保守作業をしていると、開発よりも高いスキルが必要であるものです。しかし上記のような現状なため、配下で保守作業をする人材で高いスキルの人間を確保することが大変難しい状況です。そしてその人材確保が難しい状況は顧客にも理解されていない状態です。結果保守者の塩づけという問題になるのですが、ソフトウエア工学的にもほとんど光が当たっていない実情です。(2010/03/02)

かつて職場のファイルサーバーやナレッジデータベースサーバの立ち上げ・管理運用してましたが全く評価されない事に気づいてからはこの手の事柄には一切首を突っ込まないようにしています。収入をもたらさない業務は会社にはコストセンターであり所詮お荷物扱いとしか見られないことを痛感しました。(2010/02/20)

ITのことがわからないなら、せめて良く知るものをそばにおいておかないとアンコントローラブルになる。良く知っている者が味方なら「パスワードは直ちに変えてください」とアドバイスしたはずなのに、、、ある分野の担当全員の首を切ったら脆弱になるのは当たり前で、そこが反省点だと思う。情報システム云々の前にゼネラリストとして失格。システムを破壊するのはあんまりないことだけど、派遣社員が首になった後にもシステムにアクセスするのは良くあることだから気をつけたほうがいい。旅行者が記念にホテルの鍵を持って帰る心理と似ている。(2010/02/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長