• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“静けさ”が逆に気になる中国勢

世界最大規模の携帯電話展示会の現場から

  • クロサカ タツヤ

バックナンバー

2010年2月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 スペイン・バルセロナで開催されているケータイ産業の世界的な展示会「モバイル・ワールド・コングレス(Mobile World Congress、以下MWC)に、昨年に引き続いて来ている。このタイミングに合わせて各社が新製品や新戦略を多く発表することから、報道を通じてご存じの方も多いだろう。

 一方、通信キャリア、ハードウエアやソフトウェアのベンダー、コンテンツ事業者など、およそケータイ産業に関係すると思わしき世界中の事業者が一同に介するMWCは、さながら業界関係者の同窓会のような趣さえもある。実際、筆者も、特に海外の関係者から「バルセロナで会おう」というお誘いを受けて、年度末の多忙を縫って毎度飛んできている。

 それでも今回は、日本での業務の都合上、今週の水曜日から会場入りというスケジュールとなった。月曜日から木曜日までが会期となる展示会は、MWCに限らず一般的に、月曜日と火曜日に記者発表などが集中し、盛り上がりの最高潮を迎えることが多い。ただそうしたレポートは既に新聞やウェブメディアにも多く掲載されているので、本連載は逆に祭りの後の「引きの視線」からMWCと世界のケータイ産業の動向をレポートしたい。

高まるスマートフォンへの期待

 会場や講演の様子を俯瞰した第一印象は、「ケータイのプラットフォームを巡る、通信キャリア、ベンダー、プラットフォーム事業者の“三国志”が、いよいよ始まった」ということである。

 実際には昨年のMWCから既に気配は漂っていたのだが、今年は端末やソフトウエアベンダーからOS(基本ソフト)やプラットフォームの提案が目立ち、米アップルや米グーグルといったプラットフォーム事業者、あるいは従来その役割を担っていた通信キャリアに対して、改めて宣戦布告する印象を受けた。

 もちろん、三国志が様々なドラマを生んだように、利害対立の構造や競争環境は単純ではない。例えば今回発表された「ホールセール・アプリケーションズ・コミュニティ」は、新興国を含めた世界中の主要な通信事業者とベンダーが参画し、世界最大の共通モバイルアプリケーション・マーケットの設立を目指しており、日本からもNTTドコモとソフトバンクモバイルが加盟している。一方で独自のプラットフォームを模索しながら、もう片方では通信キャリアとベンダーが手を組むという姿が、あちこちで見受けられるのである。

 そうした取り組みの中で、多くの事業者から示された共通のキーワードとして浮かび上がっていたのが、「エコシステム(生態系)」である。これもケータイ産業の中では古くから使われてきたキーワードであり、本連載でも幾度となく触れてきたが、今回各社とも明確に「エコシステムの構築と保全を目指す」ことをメッセージとして連呼していた。

画像のクリックで拡大表示

「クロサカタツヤのケータイ産業解体新書」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授