• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

忙しい消費者が変わったこと、変わってないこと。

  • 須田 伸

バックナンバー

2010年2月23日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 現在、金曜夜7時過ぎです。通常、このコラムの原稿は金曜の朝の会社の始業前に書いて、担当編集のYさんに送ることになっているのですが、どうにもこうにも忙しくて、金曜夜の原稿提出になってしまいました。

 今週は仕事が集中して忙しいことに加えて、Twitterのタイムラインを見ていると、どうしてもオリンピック中継が気になってしまい、デスクのすぐそばにテレビはなくても、ワンセグという便利な機能によりケータイでテレビ放送が見ることができてしまい、さらに自分がオリンピックを見ていることをTwitterでつぶやきたくなって、それを見た同僚がオフィスの中で声をかけてきて…と、まぁ、完全に自業自得なのですが、どんどん時間が経っていきます。

 以前は、仕事と仕事の細切れ時間に色々な作業ができていたのが、そっくりTwitterをチェックする時間になってしまい、気がつけばさまざまな仕事が滞っている、というわけです。

 で、これは、私だけに起きていることであるかといえば、そうではないようです。

 Twitterのタイムラインでも似たような嘆息にしょっちゅう出くわします。「消費者が、以前に比べて多忙になり、広告やメディアに対して注意を払ってくれなくなっている」というのは、ずいぶん前から言われていることですが、Twitterの出現により、さらに加速している気がします。

百花繚乱!「俺のTwitter論」

 最近、知人と会ったり、同僚とオフィスで打ち合わせをしていたりすると、「Twitter現象を、俺はこう見る」という持論を披露されることが本当に多いです。この日経ビジネスオンラインでも、大勢のコラムニストの方がTwitter論を語っていらっしゃる。はい、私も過去に書いております。本屋に行けば関連図書が次々と出ているし、使っている人も、そうでない人も、もはや無視することのできない存在になっていると思います。

 Twitter論が飛び交う理由のひとつには、Twitterの魅力が、やっていない人にはなかなかわからないことにあると思います。

 わからないから「どうせ、あんなもの」という主張のTwitter論を生み、それが実際にTwitterを使っている人間には面白くないから、新たなTwitter論へとつながっていく。そんな印象があります。

 だから、百花繚乱の「俺のTwitter論」の中で、とくに自分では使っていない人に多いのが「これがはやれば、人はじっくり思考することができなくなる」「品性に欠けるようになる」といった「Twitterは害である」という見立てです。

 もしかしたら、その通りなのかもしれません。

 しかし、テレビが、1億総白痴化をなす危険な装置であったならば、我々は既に白痴化してしまっているでありましょう。同様に、今後我々は「じっくり思考することができない、品性の欠けた日本人」になっていくしかないのではないでしょうか。

 実際には、人間はけっこう器用で、白痴にもならず、品性ゼロにもならない、バランスをどこかに見つけると思うのですが。

コメント0

「Web2.0(笑)の広告学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長