• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「安全への検証」と「技術者の情熱」はあるか

トヨタのリコール問題で見えた輸送機器設計の怖さ

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2010年2月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 トヨタへの信頼が揺らいでいる。日本でトップレベルの経営をしている優等生企業だし、大きな利益をあげていたし、日本の産業の国際競争力を力強く支えていた企業だったから、トヨタの危機は日本の産業の危機と言う人までいるようだ。

 しかも欠陥がブレーキとアクセルという最も信頼性が要求される装置だから、なおさら心配だ。プログラムにミスがあるとされるABSというのはアンチロックブレーキシステムの略称である。最短距離で車を安全に停止させるためにブレーキを電子制御する装置だ。

 濡れた路面で急にブレーキを踏むと、タイヤの回転は止まるのだが、そのまま車ごと滑ってしまうことがある。こんな危険な動作を防ぐ装置がABSだ。

 もちろん昔の車にはこんな高級な装置はついていなかった。それどころか4つの車輪についているブレーキの利き方がまちまちで、ブレーキをかけたら車が別の方向を向いてしまうことさえあった。私も学生時代、自動車部に所属していたので、こんな危険な経験を2回ほどした。その時運転していたのは、いすゞの乗用車ベレットとマツダの2トントラックだった。

 ブレーキ制御装置という安全に直結する部分に欠陥があったとすると、大変厳しいミスと言わざるを得ない。仮に1秒作動しなければ、時速40キロで走っていても、約10メートル空走してしまう。

人命に大きくかかわる輸送機器の設計

 経営も設計も“Good at everything, best at a few”でなければならない。どこにも悪いところがあってはならないが、その上で競争力を持つように他社に比べて優れたベストがなければならない。

 商品設計の場合に限っても、GoodとBestの意味するところは随分違うものだ。建物なら自重と地震に耐えるように設計すればよい。だから技術的には最高レベルでなくても一応の設計はできるし、大きな地震に遭遇する確率は低いから、仮にBadな設計であっても露呈しないまま終わることさえある。パソコンは簡単にトラブルを起こす。私の使っていた2台のデスクトップ・パソコンは2月に同時に壊れた。購入後2年しか経っていないのにだ。データの引っ越しや修復の作業によるロスは大きい。早く10年使えるパソコンを作ってほしいと思う。

 最もBadが許されないのが航空機、船、車、列車などの輸送機器である。人命を預かる工業製品だから当然のことではあるが、このことによって設計法や開発法は他の工業製品とは異なったものになることはあまり理解されていないかもしれない。

コメント17

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)