• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

今年のアメリカズカップは“変曲点”

「純粋な技術開発競争」になる可能性あり

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2010年3月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2月中旬にスペイン・バレンシアで第33回アメリカズカップの大会があった。カップを保持するスイス・アリンギチームに米国のBMWオラクルチームが挑戦してカップを奪回した。

 このレースは全く変則的だった。ルールが全く変わって、ヨットは船体が複数あるマルチハル型だった。スイスは船体が2つあるカタマラン型、米国は3つあるトリマラン型で、トリマラン型が速かった。マルチハル型だと復原力が大きいので、風の力をたくさん受けて高速で走れる。それまでのアメリカズカップ艇がせいぜい13ノット(時速25キロ)程度までだったのに、マルチハル艇は30ノット(時速55キロ)にまで達することがある。

 今回は、米国チームの圧勝だった。マルチハル型は設計が複雑で、設計の差も大きいから、勝敗のほとんどは設計によって決まってくる。以前のアメリカズカップは技術とセーリングが半々ぐらい勝敗に影響したので、レースの性格が大きく変化したことになる。極端に言えば、アメリカズカップが「純粋な技術開発競争」になってしまう可能性がある。

米国艇とスイス艇、ともに次の大会に課題あり

 次回大会が今回のような変則的な形で行われるのか、元に戻るのか、すべては勝者であるBMWオラクルチームが決めることだが、もし、マルチハル型の船体を使いサンフランシスコ沖で開催となると、技術開発的には大変興味あるところだ。地中海と違って波がある。波長の長いうねりもあるだろう。

 今度の大会で使われた2艇に対しては強力な技術開発が行われただろうが、未成熟というか、設計の不充分さがあると思う。特に波のある海域に対しては充分な設計がなされていないと思う。ヨットに限らず高速の船で一番危険なのは“つんのめり”状態になることだ。つんのめりになってひどい時は、つま先を引っ掛けて前に倒れるような現象を引き起こす可能性さえある。横転でなくて前転してしまうのだ。

 実は、私はマルチハル型の船の設計や開発が得意だ。1993年にアメリカズカップの仕事を依頼されて引き受けたのも、この年に私と民間企業が開発したカタマラン旅客船が完成してめでたく就航する見通しが立ったからだった。

 それから7年間、アメリカズカップの仕事に没頭していったので、開発したカタマラン旅客船のことは民間企業に任せきりだった。その結果、製造販売されたのは国内の10隻までだった。安いし性能のいい船なので、国内では評判が良く、17年も使い続けられることになった。代替船を建造する時はこの船の改良版でいいと顧客に言われるほど評価が高いのに、その販売数は伸びない。日本の造船会社は船価100億円のタンカーの営業には必死に取り組むのだが、船価10億円の旅客船の営業に本気で取り組まないからだ。

コメント2

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長