• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「フリー祭り」に見るメディアのこれから

  • 須田 伸

バックナンバー

2010年3月16日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先週月曜日、駅のキオスクで「週刊ダイヤモンド」を見て、思わず吹き出してしまいました(その後ですぐに買いもとめました)。

 何しろ、ベストセラーを快走する『フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略』(クリス・アンダーセン著、NHK出版)の装丁そのままの表紙だったからです(この本については 1890円で「無料」の本がガンガン売れてます。)。

画像のクリックで拡大表示

 さらにNHK「クローズアップ現代」をはじめ、多くの雑誌・テレビ番組・新聞記事などで、この本が取り上げられ、さながらメディアは「フリー祭り」といった様子になっています。

 しかし、あらためて言うまでもないことですが、現在、メディア企業の多くは、フリー(無料)の情報が社会に広がることの影響を、むしろマイナスの方向で受けています。

 とりわけ、インターネットという、ネットに接続することが可能なパソコンや携帯電話さえあれば、フリー(無料)で多種多様な情報を入手することができるツールが広く普及した結果、メディア企業の多くが減収となっています。

 巨額な広告収益によって「無料=フリー」ないしは、大きくディスカウントされた値段で、消費者に情報コンテンツを提供してきたマスメディアは今、「新たな時代のフリーの主役=インターネット」の台頭の中、苦境に立たされているのです。

 そんな中で、マスコミ各社が「フリー祭り」に参加している。
 そこに、私は皮肉ではなく、メディアビジネスの明日が見えると感じています。

むずかしいを、カンタンに。

 「無料で、利益をあげる」。言葉の構造としては、すごくシンプルな文章ですが、その意味を理解しようとすると、「なるほど…。でも、それって、どうやったら可能なの?」ということになる。350ページの本を読めばわかるのかもしれないけど、書店でちょっと立ち読みしたくらいでは、どうにも、すんなり理解できない。そんな「解けそうで、解けない方程式」を「カンタンに解説して差し上げましょう」というのが、ここのところの、雑誌やテレビ番組の大きなテーマです。

 しかし、実は解説を聞けば聞くほど、「わかったような、わからないような…」となるのもまた、『フリー』の大きな特徴です。

コメント1件コメント/レビュー

「コミュニティのリーダーとしての役割をメディアが担っているわけです」・・・ありえない。大本営発表を皆でありがたく拝聴する時代はとっくに終わった。雑誌やテレビを真に受けているのは老人だけ。(2010/03/16)

「Web2.0(笑)の広告学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「コミュニティのリーダーとしての役割をメディアが担っているわけです」・・・ありえない。大本営発表を皆でありがたく拝聴する時代はとっくに終わった。雑誌やテレビを真に受けているのは老人だけ。(2010/03/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員