• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「言葉のインフレ」は経済のそれよりはるかに恐ろしい

専門家同士でも分かり合えないITの英略語

2010年4月2日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 時計を見ると3月30日午後11時40分である。唐突だが、これから実験をする。AからZまでアルファベット26文字を書き並べる。次にそれぞれの文字が先頭に来る英略語を思い出し、書いていく。

 AからZに到達するまでどのくらいの時間を要するだろうか。英略語は色々あるが本欄の趣旨に合わせ、IT(情報技術)に関係の言葉に限定する。では始める。

意外に出てこない…

ABC ABM ASP
BABOK BCM BPM BPO
CAD CAM CAT CASE CRM
DOA DMBOK DQ
EAI ERP
F
GIS GPS
HCM
IaaS IRM ITIL ITSS ISO
JSOX
KM
L
MDM MOT
N
OO OSI
PaaS POS PLM PIM PM PMBOK
QOS
R
SaaS SCM SEBOK SLA
T
UISS
V
WWW
XML
Y
Z

 ここまで書いて時計を見ると11時47分である。7分間で書き出した英略語の数は45。IT関係の記者を25年もやっているのであるから、もっと書けると思ったが意外に出てこない。

8略語を書き出すのに10分以上

 BOKとつく略語がいくつかあるが、これはBody Of Knowledgeの略で知識体系を意味する。

 BABOKはビジネス分析の、DMBOKはデータマネジメントの、PMBOKはプロジェクトマネジメントの、SEBOKはシステムズエンジニアリングの、それぞれ知識体系を指す。本稿を書き出す前、DMBOKについて調べていたので、BOKがらみの言葉が頭に残っていたらしい。

 F、L、N、R、T、V、Y、Zについては英略語を思い出せなかった。もう1回やってみよう。

FAA
LOC
NCC
RFP
TCO
VB
YIP
ZOS

コメント9

「経営の情識」のバックナンバー

一覧

「「言葉のインフレ」は経済のそれよりはるかに恐ろしい」の著者

谷島 宣之

谷島 宣之(やじま・のぶゆき)

日経BPビジョナリー経営研究所

一貫してビジネスとテクノロジーの関わりについて執筆。1985年から日経コンピュータ記者、2009年1月から編集長。2013年から現職。プロジェクトマネジメント学会員、ドラッカー学会員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック