• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「言葉のインフレ」は経済のそれよりはるかに恐ろしい

専門家同士でも分かり合えないITの英略語

2010年4月2日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 時計を見ると3月30日午後11時40分である。唐突だが、これから実験をする。AからZまでアルファベット26文字を書き並べる。次にそれぞれの文字が先頭に来る英略語を思い出し、書いていく。

 AからZに到達するまでどのくらいの時間を要するだろうか。英略語は色々あるが本欄の趣旨に合わせ、IT(情報技術)に関係の言葉に限定する。では始める。

意外に出てこない…

ABC ABM ASP
BABOK BCM BPM BPO
CAD CAM CAT CASE CRM
DOA DMBOK DQ
EAI ERP
F
GIS GPS
HCM
IaaS IRM ITIL ITSS ISO
JSOX
KM
L
MDM MOT
N
OO OSI
PaaS POS PLM PIM PM PMBOK
QOS
R
SaaS SCM SEBOK SLA
T
UISS
V
WWW
XML
Y
Z

 ここまで書いて時計を見ると11時47分である。7分間で書き出した英略語の数は45。IT関係の記者を25年もやっているのであるから、もっと書けると思ったが意外に出てこない。

8略語を書き出すのに10分以上

 BOKとつく略語がいくつかあるが、これはBody Of Knowledgeの略で知識体系を意味する。

 BABOKはビジネス分析の、DMBOKはデータマネジメントの、PMBOKはプロジェクトマネジメントの、SEBOKはシステムズエンジニアリングの、それぞれ知識体系を指す。本稿を書き出す前、DMBOKについて調べていたので、BOKがらみの言葉が頭に残っていたらしい。

 F、L、N、R、T、V、Y、Zについては英略語を思い出せなかった。もう1回やってみよう。

FAA
LOC
NCC
RFP
TCO
VB
YIP
ZOS

コメント9件コメント/レビュー

個人的には「いっそのこと,英語で会話すりゃいいのに」と思ってしまうんですけど,駄目ですかね?もっとも英語を母国語としてる人でも略語や言葉(というか単語?)の意味が理解できてなかったり,意味がアヤフヤだってことはしょっちゅうなんで,あまり「逐語的」に単語を変換していかなくてもいいのでは,と思うんですけど.どうでしょうか?(2010/04/03)

「経営の情識」のバックナンバー

一覧

「「言葉のインフレ」は経済のそれよりはるかに恐ろしい」の著者

谷島 宣之

谷島 宣之(やじま・のぶゆき)

日経BP総研

一貫してビジネスとテクノロジーの関わりについて執筆。1985年から日経コンピュータ記者。2009年1月から編集長。2015年から日経BP総研 上席研究員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

個人的には「いっそのこと,英語で会話すりゃいいのに」と思ってしまうんですけど,駄目ですかね?もっとも英語を母国語としてる人でも略語や言葉(というか単語?)の意味が理解できてなかったり,意味がアヤフヤだってことはしょっちゅうなんで,あまり「逐語的」に単語を変換していかなくてもいいのでは,と思うんですけど.どうでしょうか?(2010/04/03)

指摘にあるような語は、テクニカルタームではなく、マーケティング用語です。だから、定義が曖昧になるのは当たり前です。その違いも認識せずに、ITという言葉でひとくくりにしている記事もどうかと思いますが。(2010/04/02)

IT業界に居る者です。ITでは山の様に出続けているアルファベットの頭文字語(initialism)をインフレと見るか、単なる本人の英語拒否症と見るかは微妙ですね。私も英語は苦手ですが、頭文字語は省略しなければその内容そのものを指している事がほとんどなので、なるべく省略しないで覚えるようにしています。中にはRSVP(Resource reSerVation Protocol)のように、頭文字ですらない場合もありますので。むしろ英語圏の人にとっては日本人にとっての四字熟語やあだ名程度の認識で、彼らにとってはとっても覚えやすい方法なんだろうなと思います。「オバケのQ太郎」を「オバQ」と略しても日本人はすんなり覚えられるようなもんです。(2010/04/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長