• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「よく遊ぶことで、よく働く」宣言

企業の活力、国の活力にとって“遊び”は大切

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2010年4月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2月に卒業論文と修士論文の発表会が終わると、卒業を目前にした学生たちはまるで蜘蛛の子を散らしたように、いっせいに学校を飛び出して旅に出る。いわゆる卒業旅行というやつだ。この学生時代最後の遊びは年々盛んになっていく傾向にあるように思う。

 最近の若者はとても遊び上手だ。国内旅行で終わらせる学生もいるが、多くは海外に行く。しかも、トルコ、ヨルダン、ボリビア、ブラジルなど、将来出張ではなかなか行けそうにないような国を選ぶ傾向も強い。

 南米に行ったK君は言う。
 「ボリビアのリチウム塩湖にも行ってきました。光が全反射して幻想的な湖だったです。写真を見て下さい」
 「ブラジルの経済成長は疑問です。国民がみんな遊びすぎます」
 「それにしてもサムスン、LGの市場浸透力は驚きです。日本企業は完全に負けているように見えます」

 社会勉強より楽しむことを中心に旅行していたA君は、死海に入ったことや砂漠の真ん中で夜を過ごしたことを話してくれた。

 この2人は商社に就職する。物怖じしないで世界を見る姿勢は将来役に立つだろう。

学生の卒業旅行に見習いたい“ポジティブな姿勢”

 彼らの旅行の合い間を縫って、私たち教員は彼らの研究成果の引き継ぎをしなければならない。次の学年への引き継ぎと、産学連携の研究が多いので、企業の方々への引き継ぎもある。研究成果はすべて社会のビジネスの中で実装されなければ意味がないと考えているからだ。

 こんな引き継ぎのミーティングの直前に帰国してきた学生たちに聞いてみた。
 「どうしてそんなに必死になって海外旅行に行くの?」

 返ってきた答えは結構シリアスだった。
 「就職したら1週間まとめて休暇を取るのは難しいと思うんです。今のうちに行っておかないと」

コメント7

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長