• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

電気自動車の航続距離をシミュレーション

充電インフラ会社が発足、ガス欠ならぬ“電欠”の不安はない?

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2010年4月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 沖縄県の充電インフラ会社が3月19日に設立された。名前は株式会社アドバンスト・エネルギー・カンパニー(AEC)。少なくとも国内では初めての充電インフラ会社である。資本金は8000万円で、沖縄県内の企業10社と県外の企業16社の合計26社が出資することになっている。

 出資者は地元の観光関連企業、コンビニ、商社、自動車会社、充電機メーカー、リース会社、情報システム企業など多彩な顔ぶれ。銀行から融資を受けたり、国から補助を受けたりして、年度内に第1段階の中速・急速充電機の設置を行う予定になっている。2011年初めには300台の電気自動車(レンタカー)が走ることを計画しているからだ。残念ながら自動車会社の供給能力不足から、100台ほどの規模でのスタートになるかもしれないが。

 10年後には沖縄のレンタカー1万4000台のうちの6000台を電気自動車にすることを目標にしているので、沖縄が先駆けて電気自動車社会を作ることになる。レンタカーは3年程度使われると中古車として売られるので、3年後にはこの中古車によって沖縄県民の家庭に電気自動車が広がっていくことになるし、毎年沖縄を訪れる観光客600万人の過半数がレンタカーを借りるので、沖縄のレンタカーで電気自動車を体験した人々から電気自動車の普及が進むだろう。

 沖縄には2泊3日で平均3人のメンバーで訪れる場合が多いので、100台の電気自動車レンタカーが稼働すると年間3万人近い人が電気自動車を体験することになるし、2,3年後に1000台になったとすると毎年30万人近い人が電気自動車を体験することになる。まさに沖縄は電気自動車のショーケースになるわけである。

航続距離を沖縄で実際にテスト

 最も気になるのは電気自動車の航続距離だろう。充電スタンドを設置するうえでも、運転者の安心感からも、もっと明確な説明が欲しいと思うだろう。

 そこで、私たち研究室の卒業論文の研究の1つとして、走行シミュレーションによる電気自動車の評価を行ってみた。昨年11月に5人で沖縄を訪れた学生たちは2チームに分かれてレンタカーを借りて、色々なルートを色々な時間帯に走って、沖縄での平均的な走行データを取った。使ったのは電気自動車ではなくハイブリッドカーで、ホンダの「インサイト」にした。

コメント8件コメント/レビュー

研究という点からみると、シュミレーションの条件が最後の方で変化しているように感じるのですが、これは説明を端折られているためでしょうか。EVは社会インフラ的には携帯電話の普及と似ているとおっしゃる方の意見に賛成です。ほんの20年前は電話をかけるだけ(それもほとんどNTTの支局のそばでしか使えない)の端末が数万円、加入には保証金が必要でした。EVとハイブリットのどちらがトータルでの環境負荷を下げるかは、現時点でははっきりしていないと思います。蓄電池の処理は厄介そうですし。ただ、CO2排出が国際的な政治取引の中心になりつつある訳ですから、しばらくはこの方向で競争するしかないでしょうね。勝ち負けが見えてきたら、つぎのゲームを誰かがまた持ち出してくるのだと思いますけれど。(2010/04/18)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

研究という点からみると、シュミレーションの条件が最後の方で変化しているように感じるのですが、これは説明を端折られているためでしょうか。EVは社会インフラ的には携帯電話の普及と似ているとおっしゃる方の意見に賛成です。ほんの20年前は電話をかけるだけ(それもほとんどNTTの支局のそばでしか使えない)の端末が数万円、加入には保証金が必要でした。EVとハイブリットのどちらがトータルでの環境負荷を下げるかは、現時点でははっきりしていないと思います。蓄電池の処理は厄介そうですし。ただ、CO2排出が国際的な政治取引の中心になりつつある訳ですから、しばらくはこの方向で競争するしかないでしょうね。勝ち負けが見えてきたら、つぎのゲームを誰かがまた持ち出してくるのだと思いますけれど。(2010/04/18)

ハイブリッドにしろEVにしろ常に疑問に思うのは、その車が製造されるために必要とされるエネルギー、実際に使用されているときに掛かるエネルギー、そして最終的に廃棄あるいはリサイクルするために掛かるエネルギーの総量を比較した記事が無い事です。比較するのが難しいから無いのか意図的に行わないのかわかりませんが必要なことです。突き詰めていけばガソリンや電気を作るためのエネルギーも全て計算に入れる必要があります。また、例えばリチウムを生産するために生産地でどれだけの人が人道的な扱いを受けていないとかも考える必要もあるのかも知れませんが、そこまで手を広げると比較が出来なくなるので、先ずはエネルギーだけでも総量を比較した記事を見たいものです。ハイブリッドは特に日本の平均走行距離では、価格の差額を燃費の良さで取り戻す事さえも難しいと思いますが、都市部での排気ガスを減らせる事に関しては貢献していると思います。(2010/04/17)

最初のコメント者への反論。ご指摘の問題点は現状の問題点であって、数年後には全て解決されているでしょう。それよりもCO2排出量について全く述べていないのは電気自動車の存在意義を理解されていないとしか思えません。ハイブリッド車を良しとしていますが、製造過程でエンジン以外に電池やモータを作るために既に多量のCO2を排出して居り通常の走行では取り返すことは不可能です。又、高速道路走行では電池はすぐに放電してしまい使えず、通常のガソリンエンジン車になり、しかも重たい蓄電池やモータを搭載しての走行になりますので燃費やCO2排出量は一般のガソリン車より悪化します。こんなハイブリッドは決してエコカーでは有りません。尚、記事に戻りますが実走した時の条件(何人乗車したか等)が書かれていないのが残念です。(2010/04/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員