• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

経営者が「役に立たない情報システム」を作らせる

そんな経営を“MBAごっこ”と呼ばせてもらってます

2010年4月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今の情報システムから経営者に必要な情報が出てこないのは当たり前です。なぜなら、必要な情報を得られるようにシステムを作っていないから。システムを作った後に、こういう情報が欲しいと言っても、出てくるわけがありません。そして、システムを作る際に、こういう情報が欲しいという要件を出せない経営者がほとんどです。

 冒頭の一文を書いたのは、ピーター・ドラッカーではなく、日経ビジネスオンラインの読者の方である。

 前回の記事「43年前に指摘された『コンピュータ病』」において「必要な情報つまり重要な情報は、現在の情報システムでは得られない」というドラッカーの指摘を紹介したところ、それを読んだ方々が様々な意見を書き込んで下さった。お礼を申し上げる。

経営者、現場、システム設計者の「難しい関係」

 今回は読者の意見を引用しつつ、「情報」や「情報システム」について考えてみる。ご意見の文言は適宜編集したのでご了解いただきたい。

 「経営学の巨人ドラッカーから学ぶ、というコラム名と内容が違うではないか」と思う方もおられようが、本欄の主旨文に「ドラッカー氏の著作群の中から、情報論にかかわる記述を紹介しつつ、『仕事で成果を上げるための情報』とは何か、読者の皆様と共に考えてみたい」と書いた通り、読者のご意見をできる限り引用していきたい。

 冒頭の読者の意見には続きがある。

 そうすると、システムの設計者は、システム構築後に要求されても必要な情報を出せるように、できるだけ細かい粒度で情報を入力するようにデータベースを設計しますが、現場の人間は、そんな細かい情報の入力は、面倒なので行いません。

 経営者、現場の幹部や社員、そしてシステムの設計者という、情報活用・IT利用に関わる人達の難しい関係を、この読者は分かりやすく書いている。

社長、現場、システム担当者が連携できず

 経営者は、情報システムについて明確な意思表示をしない(できない)。

 システム設計者は、経営者の意思を推測して設計する。あるいは、経営者や現場が半ば思いつきで希望した情報だけを出せるように設計し、「言われた通りに作りました」と言う。

 現場は、どうしても使わざるを得ない時だけ情報システムを使う。自分の仕事に関係ない詳細な情報を入力することはしない。

 その結果、経営者と現場の双方に不満が残り、システム設計者にその矛先が向くが、設計者は「経営者が悪い」「指示通りにしただけ」と言い返し、3者の不満が高まって終わる。

 冒頭の読者は「こういう情報が欲しいという要件を出せない経営者がほとんどです」と書いており、経営者を批判しているとまでは言えないが、「役に立たない情報システム」の発端が経営者にあるとみている。

 今回読者の方々が書き込んだ意見を見ると、経営者を批判する内容が多かった。いくつか紹介する。

コメント19

「経営学の巨人ドラッカーから学ぶ「情報論」」のバックナンバー

一覧

「経営者が「役に立たない情報システム」を作らせる」の著者

谷島 宣之

谷島 宣之(やじま・のぶゆき)

日経BPビジョナリー経営研究所

一貫してビジネスとテクノロジーの関わりについて執筆。1985年から日経コンピュータ記者、2009年1月から編集長。2013年から現職。プロジェクトマネジメント学会員、ドラッカー学会員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

高齢者に配るお金はあるが、少子化対策のお金はないと言うのは、おかしいでしょう。

小泉 進次郎 衆院議員