• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「仕事をワクワクする」ためにあなたは何をしますか?

雑談をして人々と組織の中で何かを創る「ワールドカフェ」とは

2010年4月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「厳しい今だからこそ、新しいことに取り組まなければならない」。

 多くの経営トップの方々がこう考えているはずだ。実際、経営トップにアンケート調査をしてみたところ、まさにそうした回答が寄せられた。

景気底入れ、そこで経営者は何を考える?

 「経営回復局面に向けた重点方針」と「現在の重点方針」を尋ねたところ、「経営回復局面に向けた重点方針」の上位3点は「新規顧客・市場の開拓」「新製品・サービスの投入」「収益性を高める事業構造改革」となり、「新しいこと」が1位と2位を占めた。

 これに対し、「現在の重点方針」の上位3点は「生産・調達コストの削減」「収益性を高める事業構造改革」「売上高人件費比率の低減」であった。

 実は、この調査を実施したのは2009年4月であり、上記の「現在」とは2009年度上期を指す。当時、筆者は日経コンピュータという雑誌の編集長をしており、日経BPコンサルティングと共同で調査をした。4000社の経営者に調査票を送って480人から回答をいただき、調査結果を2009年6月24日号に特集記事として掲載した。

 1年前、480人の経営者はコスト削減と人件費比率の低減を図りつつ、景気の回復に備え、「新しいこと」をしなければならないと考えていた。その後、景気は底入れしたことになっているから、経営者は「新規顧客・市場の開拓」や「新製品・サービスの投入」に着手したはずである。

 日経コンピュータはIT(情報技術)の総合誌であるから、「新しいことをしたいという経営トップの意を汲み、情報システム責任者はどう動くべきか」といったように、ITの取り組みについて話を進めていくことになる。しかし、本サイトはビジネスの総合サイトであるから、別なことを考えてみたい。

「新しいこと」をどうやるのか?

 経営トップが新しいことをやろうではないか、と社内で指示を出してもなかなか進まないのが現状であろう。その理由は色々あるわけだが、もっとも大きいのは「やり方が分からない」ことではなかろうか。

 最近批判ばかりされる日本企業であるが、そうは言っても、長年の顧客や取引先、真面目な社員と優れた技術を擁しているところも多い。社員に聞けば、新規事業の案はすぐ出てくるだろう。銀行はなかなか金を貸してくれないが、やりようによっては資金を引っ張ってくることは可能である。

 つまり、新しいことをするための前提条件はほとんど満たせるのだが、新しい構想を形にしていく肝心のやり方が分からない。

コメント3件コメント/レビュー

これまでの仕事が全部、ものづくりなので出来上がったものは必ず誰かが手にします。その誰かが「喜ぶかな」と思うとワクワクします。先日作りあげたもの(形あるものではないんですが)も「斬新だ」と感心されまして、内心「へへん、やったぜい」って。まあ、生まれも育ちも大阪人なせいかもしれません。 会話の話、他の県の人には「大阪人どうしの会話は漫才に聞こえる」とよく言われるんですが、これは大阪人が会話するときは相手を笑わせてやろうと常に考えているからだろうと。スキあらば相手の笑いのツボを、生き馬の目を抜く勢いでクリティカルヒットするべく・・・と書くと聞こえが悪いですが、相手を本当に笑わせようと思えば、相手の笑いのツボを会話中によく観察して見出さなければならず、けっこう本気で真剣に会話してたりします、そりゃもう水面に浮かぶ白鳥みたいな感じで。 相手のツボを見出すのは結構場数を踏む必要がある高等技術ですが、自分のツボを露出するのはそれほどハードル高くないと思います。「自分のツボとはなんぞや」と自己観察を事前にしっかりやっておけばいいので、時間をかければできますし。(今回のカフェ、テーマに沿って思いついたことを片っ端から挙げていく、つまり基本的にはブレーンストーミング的な対応でいいんじゃないかと思いますが。25年生記者の脳味噌という膨大なデータベースにはマッチすると思います)(2010/05/01)

「経営の情識」のバックナンバー

一覧

「「仕事をワクワクする」ためにあなたは何をしますか?」の著者

谷島 宣之

谷島 宣之(やじま・のぶゆき)

日経BP総研

一貫してビジネスとテクノロジーの関わりについて執筆。1985年から日経コンピュータ記者。2009年1月から編集長。2015年から日経BP総研 上席研究員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

これまでの仕事が全部、ものづくりなので出来上がったものは必ず誰かが手にします。その誰かが「喜ぶかな」と思うとワクワクします。先日作りあげたもの(形あるものではないんですが)も「斬新だ」と感心されまして、内心「へへん、やったぜい」って。まあ、生まれも育ちも大阪人なせいかもしれません。 会話の話、他の県の人には「大阪人どうしの会話は漫才に聞こえる」とよく言われるんですが、これは大阪人が会話するときは相手を笑わせてやろうと常に考えているからだろうと。スキあらば相手の笑いのツボを、生き馬の目を抜く勢いでクリティカルヒットするべく・・・と書くと聞こえが悪いですが、相手を本当に笑わせようと思えば、相手の笑いのツボを会話中によく観察して見出さなければならず、けっこう本気で真剣に会話してたりします、そりゃもう水面に浮かぶ白鳥みたいな感じで。 相手のツボを見出すのは結構場数を踏む必要がある高等技術ですが、自分のツボを露出するのはそれほどハードル高くないと思います。「自分のツボとはなんぞや」と自己観察を事前にしっかりやっておけばいいので、時間をかければできますし。(今回のカフェ、テーマに沿って思いついたことを片っ端から挙げていく、つまり基本的にはブレーンストーミング的な対応でいいんじゃないかと思いますが。25年生記者の脳味噌という膨大なデータベースにはマッチすると思います)(2010/05/01)

いつも楽しく拝見しています。本来ここに投稿すべき内容ではないのですが、ワールドカフェ参加申し込みをしようとして、よくある障害を見ましたのでちょっと書かせてください。私はリストラにより失業状態にあります。せっかくの失業=チャレンジのきっかけと考えて色々とトライしていますが、そのとき引っかかるのが「所属会社」「名刺」です。この2つが無いと事実上門前払いになり、たいていは丁重なお断りメールをいただくか、受付でけっこう不愉快な思いをします。私は慣れましたが、繊細な方には辛いのではないでしょうか。「仕事をわくわくする」には新しい考え方なり、情報なりを注入するのがまずは必要と考えますが、組織に属していない人間の方が(立場の制限が少ないので)その任により適しているのではないでしょうか?残念ながら「ワールドカフェ参加申し込み」のページも同断で、参加の気力が萎えてしまいました。「そんなつもりは無い」かもしれませんが、webのアフォーダンスからその背景の考えが透けて見えますので、なんだかんだ言っても結局日本は会社中心の社会なんだぁ、とこれまた勉強になりました。失業者の繰言でどうもすみません。(2010/04/28)

ワールドカフェに申し込んでしまった!あ~どうしよう。びびります。面白そうな記事のご紹介ありがとうございました。(2010/04/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長