• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「仕事をワクワクする」ためにあなたは何をしますか?

雑談をして人々と組織の中で何かを創る「ワールドカフェ」とは

2010年4月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「厳しい今だからこそ、新しいことに取り組まなければならない」。

 多くの経営トップの方々がこう考えているはずだ。実際、経営トップにアンケート調査をしてみたところ、まさにそうした回答が寄せられた。

景気底入れ、そこで経営者は何を考える?

 「経営回復局面に向けた重点方針」と「現在の重点方針」を尋ねたところ、「経営回復局面に向けた重点方針」の上位3点は「新規顧客・市場の開拓」「新製品・サービスの投入」「収益性を高める事業構造改革」となり、「新しいこと」が1位と2位を占めた。

 これに対し、「現在の重点方針」の上位3点は「生産・調達コストの削減」「収益性を高める事業構造改革」「売上高人件費比率の低減」であった。

 実は、この調査を実施したのは2009年4月であり、上記の「現在」とは2009年度上期を指す。当時、筆者は日経コンピュータという雑誌の編集長をしており、日経BPコンサルティングと共同で調査をした。4000社の経営者に調査票を送って480人から回答をいただき、調査結果を2009年6月24日号に特集記事として掲載した。

 1年前、480人の経営者はコスト削減と人件費比率の低減を図りつつ、景気の回復に備え、「新しいこと」をしなければならないと考えていた。その後、景気は底入れしたことになっているから、経営者は「新規顧客・市場の開拓」や「新製品・サービスの投入」に着手したはずである。

 日経コンピュータはIT(情報技術)の総合誌であるから、「新しいことをしたいという経営トップの意を汲み、情報システム責任者はどう動くべきか」といったように、ITの取り組みについて話を進めていくことになる。しかし、本サイトはビジネスの総合サイトであるから、別なことを考えてみたい。

「新しいこと」をどうやるのか?

 経営トップが新しいことをやろうではないか、と社内で指示を出してもなかなか進まないのが現状であろう。その理由は色々あるわけだが、もっとも大きいのは「やり方が分からない」ことではなかろうか。

 最近批判ばかりされる日本企業であるが、そうは言っても、長年の顧客や取引先、真面目な社員と優れた技術を擁しているところも多い。社員に聞けば、新規事業の案はすぐ出てくるだろう。銀行はなかなか金を貸してくれないが、やりようによっては資金を引っ張ってくることは可能である。

 つまり、新しいことをするための前提条件はほとんど満たせるのだが、新しい構想を形にしていく肝心のやり方が分からない。

コメント3

「経営の情識」のバックナンバー

一覧

「「仕事をワクワクする」ためにあなたは何をしますか?」の著者

谷島 宣之

谷島 宣之(やじま・のぶゆき)

日経BPビジョナリー経営研究所

一貫してビジネスとテクノロジーの関わりについて執筆。1985年から日経コンピュータ記者、2009年1月から編集長。2013年から現職。プロジェクトマネジメント学会員、ドラッカー学会員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック