• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「電波オークション実施」発言の余波《前編》

原口一博大臣が“打ち上げた花火”はいかに?

  • クロサカ タツヤ

バックナンバー

2010年5月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 昨秋の政権交代後、2011年7月の地上アナログ放送停止(地デジへの移行)という一大事業を控え、一時期は無風と思われていた通信行政だが、このところ総務省の原口一博大臣や内藤正光副大臣の発言が極めて活発かつ刺激的だ。

 先日も、SIMロック解除の強制という、ケータイ産業にとっての“大玉”を打ち上げてきた。また「光の道構想」では光ファイバーによるブロードバンドの全国民への完全普及を目指し、これに関連する形でNTT再々編議論にも火を点けた格好となっている。筆者もこれまで「政権交代にかかわらず、総務省は放送行政に手一杯」と述べてきた手前、「さすがに今回は読みが外れましたね」と業界関係者に同情されることもある。

 そうした中、今回もまたぞろ原口大臣から「電波オークション導入の検討」という“大玉”が打ち上げられた。これがSIMロック解除規制のように「規制は見送り」という努力目標の設定だけで終わるのか、あるいは実際にオークションの導入までたどり着くのかは現時点では定かではないが、これまでと同様に活発な議論が繰り広げられることは間違いないだろう。

 まして今回、この電波オークション検討の動きと足並みを揃えるように、ヤフーとモバゲータウンを運営するDeNAの戦略提携が発表された。もちろん両者は本来は別々の動きであり、タイミングが揃ったのは単なる偶然であろう。業界の趨勢として並べて考えてみると、この2つの動きが緩やかに呼応しあい、1つの潮流の中にあるようにも、筆者には感じられる。

 そこで今回と次回の2回にわたって、この潮流がもたらす日本のケータイ産業の方向性について、シミュレーションをしてみたい。

電波オークションが「電波行政の“大玉”」のワケ

 電波オークションという言葉に馴染みがない読者もいるだろう。まずは簡単に、おさらいをしておこう。

 これまでの電波行政は、規制当局の審査に基づく免許制であった。基本的には電波を利用するすべての人(事業者)や機器、あるいは利用環境が、審査の結果として免許を受けることで初めて利用できるという形態である。これは、電波は有限の公共資産であり、その貴重な資産の利用に際しては、公平性の観点に基づいて厳格に管理されるべきとの考え方に基づいている。

 こうした電波行政は、日本特有のものではなく、基本的には世界中どこでも同じ制度運用がなされている。というのは、周波数帯によっては電波は国境を越えて飛んでいくため、国際的なルールが必要だからだ。つい最近も「米国で先行発売されたアップルのiPad(アイパッド)を日本国内に持ち込んで無線LANの通信を行うのは電波法違反である」という議論があった。これは日本に限った話ではない。例えばイスラエルでは日本よりさらに厳しく、iPadの持ち込み禁止措置が講じられていた(現在は解除された)。

 一方、携帯電話を利用したい人は、アマチュア無線のように試験を受けて免許を交付されているわけではない。これは通信キャリアが一括して免許を取得し、明確な運用・管理責任を持って利用者にサービスを提供しているからである。また放送事業も同様で、テレビ局やラジオ局は単に営利団体というだけではなく、規制当局から免許を受けて役務を提供している。

 この際、通信キャリアや放送事業者は、電波利用料という形で免許された電波の利用における費用負担をしてきた。この電波利用料は古くからあった制度ではなく、1993年から導入されたものである。当初は混信などの通信障害の調査や対策を講じるための原資確保を目的として設立されたのだが、現在では電波利用の促進や事業ごとの再配分などの財源ともなっている。

 さて、今回、原口大臣が言及した電波オークションとは、電波免許の割り当てを競売によって決めるという制度である。応札には相応の条件が設定されるので誰しもが参加できるというわけではないが、条件を満たせば、基本的にはオークションのメカニズムなので、最終的に高値を提示した事業者に免許を交付することになる。

コメント3件コメント/レビュー

サンクコストではなく、コンテスタビリティ理論の方が的確だった。ボーモルらが、サンクコストから派生してコンテスタビリティ理論を作ったといわれるが、サンクコストは管理会計的な埋没コストとして捉えられることがあり、「サンクコスト」だけで展開してしまうと正反対に受け取られることがある。管理会計から見たサンクコストは、コストが埋没してしまっているが故に、既に投資をした(政府の規制的な誘導で独占的に過去に投資をした)企業らにより寡占独占が進むという解釈になりやすい。反対に、リースをうまく活用することで(これでがコストがサンクされてしまうから)独占的な市場でも参入容易な状態になるので競争が促進されるというのがコンテスタビリティだ。独占が進むという展開と、反対に進まないという、ひとつの言葉でまったく反対の別々の意味で解釈されてしまう。私の経験からだが。総務省は実際にはコンテスタビリティまで踏み込んでいないと思う。単なる選挙対策か、知っている言葉を並べただけのようだ。同じ規制理論で議論された航空は、国土交通省はひょっとするとコンテスタビリティまで考えて、日本型保護を考え付いたように思う。頭の差かも。(2010/05/06)

「クロサカタツヤのケータイ産業解体新書」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

サンクコストではなく、コンテスタビリティ理論の方が的確だった。ボーモルらが、サンクコストから派生してコンテスタビリティ理論を作ったといわれるが、サンクコストは管理会計的な埋没コストとして捉えられることがあり、「サンクコスト」だけで展開してしまうと正反対に受け取られることがある。管理会計から見たサンクコストは、コストが埋没してしまっているが故に、既に投資をした(政府の規制的な誘導で独占的に過去に投資をした)企業らにより寡占独占が進むという解釈になりやすい。反対に、リースをうまく活用することで(これでがコストがサンクされてしまうから)独占的な市場でも参入容易な状態になるので競争が促進されるというのがコンテスタビリティだ。独占が進むという展開と、反対に進まないという、ひとつの言葉でまったく反対の別々の意味で解釈されてしまう。私の経験からだが。総務省は実際にはコンテスタビリティまで踏み込んでいないと思う。単なる選挙対策か、知っている言葉を並べただけのようだ。同じ規制理論で議論された航空は、国土交通省はひょっとするとコンテスタビリティまで考えて、日本型保護を考え付いたように思う。頭の差かも。(2010/05/06)

TV局の電波のオークションの方が大事ですよね。自分達が護送船団の癖に他の業界の批判ばかりして居るマスコミはこの話をどう報じるのでしょうか?(2010/05/06)

オークションが市場を健全に育てることができるかどうかは、オークションの設計次第だと思います。米国における最初のFCCのオークションについてはhttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/475712127X/が面白かったです。欧州ではご指摘の通り問題が生じていますけどね....(2010/05/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私は町村合併はまったく解決になるとは思っていない。

和田 知士 高知県大川村村長