• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

全体最適と局所最適、どちらが大切か

経営が方向を見失い、衰退や破綻へと向かわないためには

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2010年5月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 国の政治は国を経営することであり、もちろん難しいことだ。特に国民一人ひとりの価値観が多様であることが、難しさの度合いを高めている。中国なら50を超える民族の集合体なので、日本よりもはるかに大きな経営力が要求されていることだろう。

 国の経営では、「国を守って発展させる」という全体最適と、「国民一人ひとりの満足度を高める」という局所最適を両立させなければならない。

 国民全員を満足させながら国益を増進できればいいのだが、そんな理想的なことはなかなか実現できないから、国民の50%以上の満足度を高め、支持を得て、国益増進の全体最適に取り組むのが正しい国の経営の仕方だろう。

全体最適と局所最適のバランスをとる

 企業経営も同じだ。企業は利益を上げて成長しなければ生き残れないから、企業の全体最適が重要だ。そのために、時には構成員に厳しい施策を実行しなければならない時もある。

 しかし、長い目で見て、社員一人ひとりの満足度を高める経営ができないようだと、企業自身がいずれ衰退して退場せざるを得なくなるので、局所最適も大切である。社員が成長して企業が成長する。全体最適と局所最適の微妙なバランスを保ちながら両立させるのが経営なのだ。

 では、全体最適と局所最適のどちらが大切だろうか。

 答えは明白である。全体最適がなければ、局所最適はない。全体最適の経営ができなくて利益を出すことができず、企業が倒産してしまえば、社員の満足度という局所最適は吹き飛んでしまう。国の場合も同じだ。国のGDP(国内総生産)が伸びなければ、国民一人ひとりの豊かさは縮んでいくことになる。

 誰でもわかっていることなのだが、全体最適と局所最適のバランスは本当に難しいと思う。行政改革や環境問題へ果敢に取り組もうとした橋本龍太郎首相は、全体最適にビジョンを重ねていたリーダーだった。しかし、国民一人ひとりの局所的な満足度を高めるための施策を怠っていたので、選挙に負け、先が続かなかったと見ることもできるだろう。

コメント12件コメント/レビュー

小泉元首相は個別の課題で頑張ったが、部分最適の集合体予算の前に、大きな組換えは出来なかった。シーリングという一律抑制は全体最適という面ではよくない政策だが、しがらみの中でやむをえない面があった。民主党が政権をとり、しがらみのない中で全体最適を図るかと思いきや、部分最適の拡大と全体最適の毀損を招いただけだった。これは、グランドデザインを作らないまま、選挙公約のうち国民受けのよいものだけをつまみ食いしたからだ。宮田先生がかつて書いておられたとおり、まず日本のリーダーに求められているのはグランドデザインの作成と提示。国家像を語らず選挙優先の政治を続けるリーダーを国民が選挙で排除しないと、早晩破綻する。(2010/05/24)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

小泉元首相は個別の課題で頑張ったが、部分最適の集合体予算の前に、大きな組換えは出来なかった。シーリングという一律抑制は全体最適という面ではよくない政策だが、しがらみの中でやむをえない面があった。民主党が政権をとり、しがらみのない中で全体最適を図るかと思いきや、部分最適の拡大と全体最適の毀損を招いただけだった。これは、グランドデザインを作らないまま、選挙公約のうち国民受けのよいものだけをつまみ食いしたからだ。宮田先生がかつて書いておられたとおり、まず日本のリーダーに求められているのはグランドデザインの作成と提示。国家像を語らず選挙優先の政治を続けるリーダーを国民が選挙で排除しないと、早晩破綻する。(2010/05/24)

「高速道路の土日1000円」は自民党の政策です。民主党に責任はありません。しかし、これを辞めようとしたら国民から大ブーイングです。マスコミも、この政策が始まった時は「反対」の報道だったのに、止めるとなったら手のひらを返したように「止めるの反対」と報道しています。「ばら撒き」は恩恵を受ける人々から支持されます。今の日本で政権を維持するには、できるだけ幅広くばら撒き続ける以外、方法がないんですよ!非常に残念ですがそれが現実です。補助金や手当は「麻薬」です。日本中が中毒者ばかりになっているということでしょう。(2010/05/23)

個別最適に目を奪われる国民が多数を占めるかどうか、が国の行く末を決めるのですね。結局は、国民の選択ということでしょう。現在の国政の混乱は、個別最適を選んだ国民の自業自得だと思います。(2010/05/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長