• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

iPadが示す「リアル・ソーシャル」の萌芽

業態を超える「高次元への競争」の号砲が鳴った《前編》

  • クロサカ タツヤ

バックナンバー

2010年5月27日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米アップルの「iPad(アイパッド)」の日本発売が、いよいよ明日(5月28日)に迫った。米国ではいまだ品薄状態が続き、日本でも予約開始から3日で受付終了と、期待感は相変わらず高まっている。SIMロックを巡る一件では、世界中で日本のみ例外的にSIMロックを施した状態で発売されるという異常事態により、いささかミソをつけた格好とはなったが、マスコミ各社が大々的に取り上げたことで、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の日本発売時とはまた異なる熱気を帯びているように感じる。

 筆者も既に何度かじっくりと触る機会を得たのだが、たまたま子ども(未就学)も同席させてもらった際に、とにかく食いつきがいいことに驚いた。もとよりiPhoneが子どもへのウケがいいことは知っていたが、やはり画面が大きいことで操作性や視認性が格段に向上しているのだろう。すなわち、iPhoneよりもさらに「自分が動かしている感」をダイレクトに受けるのである。

 おそらく日本の消費者も、こうしたiPadの楽しさを直感的に感じ取ったのだろう。販売店での予約の行列を見かけた人や周囲の声を聞いても、異口同音に「iPhoneの時とは違い、いわゆる中高年のお客さんが男女を問わず少なくなかった」という反応が返ってきた。これまでも筆者は、iPadをはじめとしたパッド型(タブレット型)端末はノンPCの旗手となると主張してきたが、これが裏付けられた格好でもある。

日本のネット利用を増やすという期待

 パッド型端末の台頭は、これが本当に普及するとしたら、特に日本においては、大きな意味を持つ。1つは、これまでパソコンベースのウェブに馴染めなかった人たちをインターネットの世界に引き込むことになるからだ。

 日本のネット利用は、実は先進国で極めて遅れているほうの部類に入る、と筆者は考えている。総務省が発表する統計のトレンドとは異なることから、異論反論も十分にありうる見解だという断りを入れたうえでの話なのだが、「週に2~3回程度パソコンでヤフー!を眺める」という大甘の条件設定で、現状を比較的厳しめに眺めると、おそらく日本でパソコンベースのウェブを利用している人は、3000万~4000万人程度(つまり人口の4分の1程度)しかいないのではないか、と考えている。

 光ファイバーやADSLがこれだけ普及したと喧伝されているのにおかしいのではないか、と思われるかもしれない。確かにそうなのだが、その光ファイバーやADSLがちゃんと接続されているのか、あるいはそれがパソコンに接続されてウェブを使いこなすところまで届いているのかは、率直に言って怪しい。そもそもADSLの普及期には、駅前でモデムをタダでばらまくという商法がはびこっていた。あるいは光ファイバーにしても、実はパソコンではなく、NTTぷららの「ひかりTV」のようなIPTVサービスのインフラとしてのみ使われているケースも少なくない。

 もちろん、それがすべて悪いということではない。ばらまかれたADSLモデムが押し入れの奥で眠っているなら問題だが、別に光ファイバーを敷設したからパソコンを使いこなさなければならないというわけではない。それがIPTVとして使われているとすれば、むしろそれはインターネット技術の成熟を意味する。

 ただそれでも世界的に見て、ウェブが社会の情報インフラとして米国のみならず先進国で定着し、ちょっとした調べ物から行政サービスまで幅広く定着しているのに比べると、やはりそれが使いこなせていないというのは残念である。実際、筆者はお手伝いしている案件の関係で、OECD(経済開発協力機構)の会議に時折顔を出す機会があるのだが、海外政府担当者と雑談していても、日本のウェブ利用が先進国の中で遅れていることが話題になるような始末である。

コメント1件コメント/レビュー

アクティベートにPCが必要ないタブレット型の端末なら、今まで多く出ていたが、それが大きなメリットになっていなかったのでiPadでは未だにPC接続を前提にしているのでしょう。もちろん技術的には簡単ですが、実際使える端末(環境)を作るのは難しいです。多分無線ネットワークがもっと広まって、ネットの負荷が問題なくなってからPCレスになると思われます。あとAndroidの可能性なんて、まだほとんどわからないでしょう。似たような端末が沢山出てくることは確かですが、ハードウェアで利益を得なければならないから(アップルはアプリからも収益がある)品質の悪い部品を使った『見た目のスペックだけよいもの』が多く出てくると思われます。実際PCでも、部品を集めただけのPCは沢山あるし(PCはそういうものが欲しいというユーザも多いので問題ないが)(2010/05/27)

「クロサカタツヤのケータイ産業解体新書」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

アクティベートにPCが必要ないタブレット型の端末なら、今まで多く出ていたが、それが大きなメリットになっていなかったのでiPadでは未だにPC接続を前提にしているのでしょう。もちろん技術的には簡単ですが、実際使える端末(環境)を作るのは難しいです。多分無線ネットワークがもっと広まって、ネットの負荷が問題なくなってからPCレスになると思われます。あとAndroidの可能性なんて、まだほとんどわからないでしょう。似たような端末が沢山出てくることは確かですが、ハードウェアで利益を得なければならないから(アップルはアプリからも収益がある)品質の悪い部品を使った『見た目のスペックだけよいもの』が多く出てくると思われます。実際PCでも、部品を集めただけのPCは沢山あるし(PCはそういうものが欲しいというユーザも多いので問題ないが)(2010/05/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長