• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

インターネットが“空気”になる!

あらゆるコンテンツの「窓」へと進化

  • 瀧本 大輔

バックナンバー

2010年6月4日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 前回までは主に、iPadで動くアプリや写真といったコンテンツについて触れてきた。iPadのように画面が大きくて薄い端末は、ひょいと手軽に持ち上げて電子書籍を読んだりゲームで遊んだり、写真を見て楽しんだりするのには最適なのである。だが、こんな疑問を抱く方も少なくないはずだ。

 確かに楽しいかもしれないけれど、それだけ?

朝食を食べながらニュースを読める便利さ

 本気でゲームで遊び倒すなら、専用のゲーム機の方が高精細で本格的に作り込まれたソフトが揃っている。電子書籍を読むなら、米アマゾン・ドット・コムの「Kindle」の方が目が疲れないので圧倒的に読みやすい。何でもできるiPadは、結局は中途半端な機械ではないか、との印象を持つ人がいても当然だ。

 だが、iPadの本当の凄みは、ノートパソコンよりも薄くて軽く、手軽に扱える端末が、インターネットに簡単につながることにある。何だそれだけか、と言うなかれ。今回は正式な日本版が発売されたことを踏まえて、iPadがインターネットにつながることで生活がどう変わるのかをリポートしたい。

 まず最初に、朝食の場面を思い浮かべてほしい。食卓に向かい、スクランブルエッグとカリカリのベーコン、そしてバターを塗ったトーストを美味しくいただき、温かいコーヒーを飲む。そんな理想の朝食(少なくても私の場合は)をとりながら最新のニュースを知るには、これまでは紙の新聞が欠かせなかったはずだ(もちろん「日経ビジネス」でもいいし、それは大歓迎だ)。

 それらのニュースコンテンツがデジタル化されたとして、朝食の最中にパソコンに向かって読むだろうか。ケータイを片手に小さな画面で読むだろうか。もちろん読んでもいい。だが、朝食をとりながらノートパソコンを開くのは現実的ではないし、ケータイの画面では小さくて一覧性に乏しいうえ、指が腱鞘炎になりそうだ。代わりにiPadが食卓にあれば、新聞や雑誌と置き換わっても違和感がない。

すっと手を伸ばせばそこにある存在

 大手マスメディアのニュースサイトや「日本経済新聞」の電子新聞を読むのに、iPadはちょうどいい(日経新聞の電子版は、残念なことに現時点では一部がiPadに非対応であるが)。面白い記事があれば、家族にiPadを手渡して見せることだってできる。パソコンではこうはいかない。

 しかも、記事を読みながらTwitterでつぶやいたり、気になる記事をメールで送ったり、ネットサービスの「Evernote」に保存したりもできる。Twitter閲覧アプリを開いて、世の中の動きをチェックしてもいいだろう。デジタルならではの付加価値と紙の利便性を、それなりに両立できている。

 ほかにもiPadに向いた場面はある。ちょっと調べ物をしたいときは、すぐ手にとって一瞬で起動させてネットで検索できる。レシピを調べてiPadに表示させて、そのままキッチンに持ち込んで料理してもいい(水に濡らさないように気をつける必要はあるが)。ネットスーパーやインターネットの出前サイトを表示させて、家族で画面を見ながら何を注文するのか相談しながら決める、といった場面でも便利だろう。

 すっと手を伸ばせばそこにあり、一瞬でインターネットにつながり、大きな画面に指で触れて操作するだけでいい。そんな場面に、iPadはすっぽりとはまる。パソコンでは設置場所まで行ってキーボードに向かわなければならないし、画面が小さい携帯電話では物足りない。

コメント10

「iPad上陸」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授