• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「見える化」は洞察力・構想力の泉

設計や経営を進化させるための“使える道具”に

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2010年6月4日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「見える化」という言葉が広まって長い年月が経つ。しかし、見える化の技術がどのようなものか、どのように役立つかが、整理して十分に説明されているわけではない。設計や開発や経営の様々な課題に対して、「見える化」は大変重要なのだが、それぞれの世界によって内容はバラエティーに富みすぎているので、結局、「見える化」の技術はあまり進歩していないようにも思える。解説や評価や論説や論文などに使われる「見える化」の図に、目新しいものが出てくることも少ない。

 自然現象でも社会現象でも経営状態でも、しっかり「見える化」して本質を深く理解することは極めて大切である。ところが、「見える化」が進歩していないということは、自然現象や社会現象や経営状態が見えないまま、理解が不十分なまま、設計していたり経営したりしているのかもしれないから、危険なことだし、進歩の方向を見失うことになるかもしれない。

 しっかり「見える化」という分析作業を行うと、今の設計や今の経営の問題点が浮き彫りになってくる。そしてその問題点を解消する方向性が得られたり、より進化した設計や経営につながるアイデアがわいてきたりする。つまり、優れた「見える化」は、洞察力や構想力を発揮するための「生命の泉」のようなものだ。

 優れた「見える化」による分析力なくして、高い洞察力や構想力を獲得することはない。

新しい「見える化」がブレークスルーにつながる

 1996年からの3年間は2000年のアメリカズカップに出場する艇の設計に没頭していた。1995年に圧勝したニュージーランド艇「ブラックマジック」の技術を超えることができなければ、世界一の艇を設計することはできないからだ。

 1995年にニュージーランド艇を徹底解析した後は、斬新なコンセプトの革新的な艇の形の設計に挑戦していた。私はテクニカルディレクターとチーフデザイナーを兼ねていたので、セールやキールや舵などの開発のマネジメントをしていたし、直接設計を指導していたのだが、船体そのものに対しては、一人のデザイナーとして特に力を注いだ。船体の設計でのブレークスルーが、最も競争力を与えてくれると直感していたからだ。

 幸い、船の形をコンピューターシミュレーションで評価する技術では、私の研究室は世界の頂点にあった。3年間ほぼ毎日、新しい設計をして、そのパフォーマンスは翌日コンピューターシミュレーションの結果として大量のデータとして出力されてくる。

コメント6件コメント/レビュー

以前は宮田先生の記事を興味深く読んでいたのですが、最近は「外れ」が多く、残念です。前回の記事に「方向修正へ」とコメント要と思いながら、もう一回は待ってと考えたのですが外れのままでした。◆さて、「見える化」なんて言葉や考えは既に一般的であり、問題の顕在化や物事の方向性を決断する為には、何の見える化が必要なのか、それを見出す事が最も重要でしょう。見るべきとした対象を要領良く見える様にする技術は、確かに設計学が必要なのでしょうが。◆先生が例として取上げた競争力も、それの見える化と書くだけでは、何の意味も無いでしょう。安易に価格とか品揃えとせず、市場や自社にとっての競争力を何で見える形にするかのコンセプトへの創造がもっと重要と考えないのでしょうか?(2010/06/04)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

以前は宮田先生の記事を興味深く読んでいたのですが、最近は「外れ」が多く、残念です。前回の記事に「方向修正へ」とコメント要と思いながら、もう一回は待ってと考えたのですが外れのままでした。◆さて、「見える化」なんて言葉や考えは既に一般的であり、問題の顕在化や物事の方向性を決断する為には、何の見える化が必要なのか、それを見出す事が最も重要でしょう。見るべきとした対象を要領良く見える様にする技術は、確かに設計学が必要なのでしょうが。◆先生が例として取上げた競争力も、それの見える化と書くだけでは、何の意味も無いでしょう。安易に価格とか品揃えとせず、市場や自社にとっての競争力を何で見える形にするかのコンセプトへの創造がもっと重要と考えないのでしょうか?(2010/06/04)

 数値化・見える化で権威の虚構のベールを剥ぎ取るという行為は、当然権威にすがるしか無い無能者たちの怒りと嫉妬を買う一方、その恩恵は薄く広く行き渡るために目立たない場合が多いです。宮田先生の記事へのフィードバックを見ると、この事が如実に現れています。 奇しくも1999年のアメリカズカップの際、私はPHEVバスの調査でニュージーランドに出張しており、クライストチャーチからの帰途立ち寄ったオークランドのホテルの窓から、ニッポン・チャレンジ艇の好走を垣間見ることができました。その設計者のコラムにこうしてコメントできるのも何かの縁を感じます。(2010/06/04)

「見える化」とコンサルタント諸氏は言われているが、我々凡人にとっては誤解を招くものであるので、、キャッチフレーズとしては適当ではない。なぜならば、視る力がないと何にもならないから。 この中で言われている、洞察力や構想力、(分析技術)や想像力が先ずあって、次に必要なものが「見える化」であると思う。 先立つものの議論があまりに無いのには、危機感を覚える。(2010/06/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長