• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「閉鎖性」というアップルの強みと限界

業態を超える「高次元への競争」の号砲が鳴った《中編》

  • クロサカ タツヤ

バックナンバー

2010年6月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米アップルの「iPad(アイパッド)」の日本発売から、およそ2週間が経過した。都市部では既にiPadを持ち歩く人の姿を見かける機会も増えてきたのではないだろうか。また先日、6月8日はアップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新モデルも発表され、矢継ぎ早の新機種投入に、話題がアップルで埋め尽くされる状況が続いている。

 これを受けて6月1日には、ソフトバンクグループのビューン(東京都港区)が、iPadやiPhoneなどに向けて電子新聞や電子書籍を配信するサービスの提供を開始し、話題を集めた。結果的には新聞や雑誌の「チラ見」、つまりコンテンツの一部のみを閲覧するサービスに留まっているものの、情報メディアの新たな胎動を感じている人が少なくないということだろう(ただし、アクセス過多を理由に、コンテンツ配信サービスを停止中。6月9日時点で再開についてのメドは立っていない)。

 このように耳目を集めるiPadだが、少なくとも市場規模という観点からすれば、前回も述べた通り、筆者は「それでもアップルが天下(市場が飽和・成熟した際にシェア1位を占める)を取ることはない」と考えている。その理由は、アップルの「閉鎖性」にある。

 例えば先日も、講談社がiPhone向けに製作・販売するグラビアアイドルの電子写真集が、アップル側からの事前通告や削除の説明がないまま、一方的に配信停止されるという事態が起きた。確かにアップルは以前から「審査基準は明らかにしないが、子どもが安心して利用できるサービスを目指す」と、彼ら自身の判断で採否を一方的に決めることを明らかにしているが、一度配信がスタートしたコンテンツが突然配信停止されるのは、コンテンツプロバイダーとしてもそう簡単には納得できないところだろう。

 またこうしたコンテンツ内容の審査だけでなく、顧客の属性情報などのマーケティング・データに関しても、コンテンツやサービスプロバイダー側が独自に工夫をしなければ、正確に把握するのは容易ならざる状況にある。こうした状況で、アプリケーションのダウンロードサービス「App Store(アップストア)」 や音楽や動画などの配信サービス「iTunes Store(アイチューンズ・ストア)」に出したくても、二の足を踏んでしまうという事業者は、ちらほら散見される状況にある。

ハードウエアベンダーとしてのアップル

 自分たちのアプリケーションやコンテンツが、アップルのプラットフォームに載るかどうか、また載った後もどのように扱われていくか。コンテンツやサービスを提供する側としては正しく生死を決するこの判断は、ほぼアップルの独断で決められている。同社がこうした閉鎖的アプローチを取るのには、2つの理由があると筆者は考えている。

 まずは、アップルがハードウエアメーカーであるということ。楽曲配信サービス「iTunes(アイチューンズ)」ストアやiPhoneのクラウドサービスなど、最近のブランドイメージからは意外に思われるかもしれないが、アップルは今でも売り上げの8割以上をパソコンやiPodあるいはiPhoneなど、ハードウエアの販売収入に依存しているのである。

 一般に、ハードウエアメーカーが採る戦略は、「広く薄く」という普及戦略と、「狭く濃く」という高付加価値戦略の2つである。前者は、競合とも協調しながら規格を揃え、業界全体で市場を広げていくというアプローチで、ビデオやDVDが代表例として挙げられる。この場合、その規格で市場寡占できれば売り上げも利幅も大きくなるが、技術開発を含めたそもそもの事業リスクや規格統一の困難さなど、実は容易ならざる面がある。

 そこでアップルは、後者の高付加価値戦略を採ったのだが、これを実現するには、ハードを起点としたサービス全体をデザインし、それを完全に囲い込まなければならない。特にモノやカネの溢れる成熟市場において、あえてその商品を選んでもらうには何らかの「理由」が必要だが、単純な相対的良質感だけでは付加価値となりえず、世界観や体験の共有・共感といった哲学や心理学的要素が重要となる。

 この実現には、水をも漏らさぬサービスのデザインとその貫徹が不可欠である。こうなると、オープンであることはむしろノイズを進入させる危険性があるということになりかねない。高付加価値戦略を採ったハードウエアメーカーの本音としては、それが許される限り、徹底して自らが構築した世界感や商流をコントロールできるに越したことはない。その結果がアップルの「閉鎖性」となるのであろう。

コメント2件コメント/レビュー

まず普及させてから結果を回収というのは、規模も発想に至った原理も違うでしょうが、パソコン普及期の、日本でMSDOSや一太郎が結果的に取った戦略を思い起こさせます。コピー禁止を言いつつも、コピーという最低価格の手段があったからこそ上の2つのソフトウェアは普及し、当時の日本でのデファクトスタンダードになり、バージョンアップ料金や、高シェアを取っていることによる間接的な利益を回収したことが想起されます。今回はもう少し壮大なものではあるのでしょうが。 *オープンな資源を利用させてもらっておきながら、まるで自分の私物かの様に都合のよい、態度の大きな発言を繰り返すのはマイクロソフトそのものを思い起こさせます。アップルがマイクロソフトを批判していたのは、結局負け犬の遠吠えだったので、自分がやりたかったことを他社にやられたので不満だったのね、と思っています。この記事関係なく、HTML5の話を聞いた際に強く感じたこと。(2010/06/10)

「クロサカタツヤのケータイ産業解体新書」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

まず普及させてから結果を回収というのは、規模も発想に至った原理も違うでしょうが、パソコン普及期の、日本でMSDOSや一太郎が結果的に取った戦略を思い起こさせます。コピー禁止を言いつつも、コピーという最低価格の手段があったからこそ上の2つのソフトウェアは普及し、当時の日本でのデファクトスタンダードになり、バージョンアップ料金や、高シェアを取っていることによる間接的な利益を回収したことが想起されます。今回はもう少し壮大なものではあるのでしょうが。 *オープンな資源を利用させてもらっておきながら、まるで自分の私物かの様に都合のよい、態度の大きな発言を繰り返すのはマイクロソフトそのものを思い起こさせます。アップルがマイクロソフトを批判していたのは、結局負け犬の遠吠えだったので、自分がやりたかったことを他社にやられたので不満だったのね、と思っています。この記事関係なく、HTML5の話を聞いた際に強く感じたこと。(2010/06/10)

パソコン業界はある意味特殊なので、あんまり参考になりません。未だに一般人に使いにくく、企業では専門の技術者が面倒をみているものなので、一般人が普通に携帯する端末で同じ戦略は通用しません。過去にも何度もパソコンを参考にオープンな戦略で挑んだ企業はありますが、ことごとく失敗してます(失敗した企業は記憶に残りにくいですが)成功したと言えるのは、Palm、RIMなどでしょう。Palmは周りの圧力からオープンに移行しようとして失敗しましたが。RIMはネットワークも統合して使いやすさをまして成功した。iPhoneは別の道から使いやすさを追求して普及しています。ちなみに、AndroidはLinux上にJavaを拡張したものを載せただけの、技術的に新しくはありません。マーケティング先行の典型で、Googleの広告からの収入に頼っているから出来る戦略です。参入は簡単だが、現在のパソコン業界と一緒で既に過当競争気味です。利益を上げられるメーカーがどのくらい出てくるんでしょうね。(2010/06/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長