• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

菅政権とポジティブスパイラルを作る経営

日本の低迷基調をどうやって止めればいいのか

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2010年6月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 菅政権に対する期待が高まっているようだ。まじめでしっかり勉強している議員を中心とした内閣作りが行われたからだろうか。郵政民営化の逆戻りと、効率の悪いバラマキ予算だけはやめてほしいと思っている人が多いことだろう。

 菅政権は経済と財政の立て直しと社会保障改革の充実の3本柱を進めていくことになりそうだ。至極当たり前のことだと思う。問題は優先順位である。すべてのことは連鎖して動いていくので、そのすべてがWIN-WINの連鎖関係を作るように、各テーマに優先順位をつけていくのが設計と経営にとって最大のテーマであり、醍醐味だ。

 優先順位を間違えないでポジティブスパイラルを作ることができれば、素晴らしい設計になる。飛行機の設計では、機体重量を軽くすることがポジティブスパイラルを作る。高性能エンジンの開発も重要だが、機体を軽くできれば、たくさんの乗客を乗せることもできるし、エンジンを小さくして航続距離を長くすることもできる。

経済、財政、社会保障のいずれを優先するか

 3本柱の経済、財政、社会保障の優先順位をどうすれば、ポジティブスパイラルを作ることができるのかの判断は極めて大切だ。

 例えば、社会保障を充実させることに一番の優先順位を与え、これが経済を活性化し、最終的に財政も良くなるという考え方もなくはないだろう。

 しかし、国際的な事業の創造につながりにくい社会保障が経済の活性化につながる割合は極めて少ないだろう。むしろ毎年1兆円増える社会保障費を考えれば、この事業を民間に任せて効率を高めた方がいいだろう。社会保障を起点にしたポジティブスパイラルの図は描きづらい。

 ごく当たり前のことだが、「経済→財政→社会保障」の優先順位しかありえないと私は思う。経済を発展させ、税収を増やし、無駄な出費を減らし、消費税を上げて財政再建へのベクトルを定め、社会保障を充実させる道を拓くというのが、社会の中のWIN-WIN関係を作るポジティブスパイラルの唯一の道だろう。

 経済を立て直すためには新しい産業の創出が不可欠である。環境システム、社会インフラシステム、医療システムなどが最有力な対象分野であるということにはコンセンサスが形成されてきている。

 一時喧伝されたバイオやナノのような要素技術ではなく、システム技術が主役に躍り出てきていることを客観的に認識したい。20世紀の最後の四半世紀は半導体を中心とした要素技術イノベーションの時代だったが、21世紀はシステムイノベーションの時代になっているのだ。経済のベクトルをこの流れに合わせることはごく自然なことだ。

コメント7

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長