• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

実証実験よりもシミュレーションを

低コストで、どのように経営するかの答えを得る方法

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2010年6月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 24歳で就職した私が最初に配属されたのは、船舶基本設計部でLNG(液化天然ガス)船の開発設計を行う課だった。そこで2週間の研修を終えた私に与えられた最初の仕事が、LNGタンクのウォーミングアップ、クーリングダウンのシミュレーション法の開発だった。

 LNG船はマイナス162℃で液化されたメタンガスを運送するのだが、点検や修理の時は常温に戻さなければならない。これがウォーミングアップだ。点検や修理が終わったらマイナス162℃に冷やさなければ、LNGを積むことができない。この両方のオペレーションを12時間以内に行えることがLNG船の運航にとって必要なので、それをシミュレーションする技術の開発をしなければならなかった。

 伝熱の問題は苦手だったが、2カ月足らずでシミュレーションのソフトウエアを何とか完成させた。フォートランという言語で書いたソフトウエアだったが、プログラムをご存じない課長に、新入社員の初仕事を理解してもらうのに苦労したことを思い出す。これが「時間進行シミュレーション」との初めての出会いだった。

「開発」段階で設計を誤ると、未来は拓けない

 東大に転職してからも流体力学の時間進行シミュレーションに取り組んだ。1979年から約20年の間、これが最大の研究テーマだった。

 実験を行う前にコンピューターシミュレーションを行うという開発方式は、この20年間に色々な分野で急速に普及した。

 すべての事業は、「研究」「開発」「実証」「普及」の4段階を経て実現される。この4段階のうちで「開発」は、最も本質的な成否の分かれ目の段階と言ってもいいだろう。ここで方向を誤ると先がない。開発の段階は設計の段階でもあり、この段階の有力なツールが「シミュレーション」なのである。

 アメリカズカップのプロジェクトでは4年間レース艇の開発設計を行ったのだが、最も大切な手段がコンピューターシミュレーションで、2番目が実験設備を使った実験だった。シミュレーションは当時低価格化が進んでいたワークステーションを使ったので、費用対効果も高かった。実験も欠かせなかったが、費やす時間と費用が大きく、効率の良いものではなかった。実験に使うヨットの模型の製作にかかる費用だけで技術チームの総予算の25%を超えていた。

コメント3

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック