• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

模造品が本物を超える日は来るのか?

増加するアジア地場メーカーのケータイ端末の“脅威”

  • 阿波村 聡

バックナンバー

2010年6月24日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1000万人以上の人が住むインドネシアの大都市、ジャカルタ。市民は当然携帯電話を持っている。街にも携帯電話を販売しているショップが乱立している。インドネシアは貧富の差が激しい。大都市ジャカルタは先進的な高層ビルが立ち並ぶすぐ横にスラムのような場所が並んでいる。

 富裕層に特に人気なのはカナダのRIM(リサーチ・イン・モーション)が開発・製造するスマートフォン「Blackberry(ブラックベリー)」だ。北米を中心に会社のメールが携帯電話で送受信できる端末としてビジネスパーソンを中心に人気を博している。

「Blackberry」、いや「Blueberry」だ!

 ジャカルタでもBlackberryを持つのはいわばステータス。成功の証なのだ。携帯電話を販売しているショップでもBlackberryを全面に打ち出した宣伝が目立つ。しかしよく見ると、何かが違う。確かに端末の形状はQWERTYキーボード(パソコンのようなキーボード)を装備したBlackberryそのもの。ただ価格が安い。通常、Blackberryの新品ならば日本円で数万円は下らないはずであり、安く手に入れる場合には2年間の携帯電話キャリアとの契約が必要となったりする。

画像のクリックで拡大表示

 ここで表示されている価格は通常の半分かそれ以下。よくよく見てみると・・・端末の名前が「Blackberry」ではなく「Blueberry」ではないか! 「Blueberry」だけではない。街中には「Blockberry」「Nexian Berry」などBlackberryに似ている端末が多く宣伝され、販売されている。果たしてこれはどのような端末なのか・・・。

 日本においては流通している携帯電話端末のほとんどは、携帯電話キャリアから代理店を経由して、キャリアショップや家電量販店などで販売されている。携帯電話端末メーカーが携帯電話キャリアから委託されて開発したものがほとんどであり、販売されている端末はすべて携帯電話キャリアが把握しているという状態である。

もはや安さだけが売りではない「山寨機」

 これが海外では事情が異なる。欧米であっても、携帯端末メーカーと携帯電話キャリアのつながりは日本ほど強くないが、アジアなどでは多種多様な端末が流通している。中国の状況を見てみよう。下図のように、政府の認定を受けて販売されている海外の携帯電話端末メーカー(フィンランドのノキアや韓国のサムスン電子など)や大手中国メーカー(レノボなど)以外にも、非合法に海外から持ち込まれた携帯電話端末や中国ローカルメーカーの端末、その他多数のメーカー名の不明な端末などが並んでいる。このメーカー名の不明なノンブランド端末は「山寨機(さんさいき)」と呼ばれている。

画像のクリックで拡大表示

 粗悪な製品や悪質な模倣品のことを指して山寨機ということもあるが、ここでは広くそのような端末から小規模なメーカーが製造している端末も含めることにする。

コメント2件コメント/レビュー

各ステージのメーカーが何を売り物にするかがポイントである。単に真似が出来る物の場合、商売熱心の市場が莫大な国のメーカーが当然低価格な製品を作り市場を奪うだろう。特にハードやソフトのチップが簡単に手に入る場合は。世界中に中華はいる。知的所有権で抑える物があるのかそれで儲けられるのかが勝負である。サービスのシステムですら物まねをされる事は認識しなければならない。消費者は当然手に入るものを買うのである。(2010/06/25)

「クラウドの先を読む 産業パラダイム・チェンジ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

各ステージのメーカーが何を売り物にするかがポイントである。単に真似が出来る物の場合、商売熱心の市場が莫大な国のメーカーが当然低価格な製品を作り市場を奪うだろう。特にハードやソフトのチップが簡単に手に入る場合は。世界中に中華はいる。知的所有権で抑える物があるのかそれで儲けられるのかが勝負である。サービスのシステムですら物まねをされる事は認識しなければならない。消費者は当然手に入るものを買うのである。(2010/06/25)

DVDプレーヤーなどはもはや完全にメディアテックチップを使用した中国メーカー製造品に制圧されています。Googleの仕掛けたタダの仕組みにタダノリすれば誰でもアンドロイド端末は作れてしまい、価格は激烈に下がる。そうなれば途上国にも普及するし、かつて100ドルPCが目指した途上国の教育用マシンにも応用できる。Googleにしてもそういう形で自社のプラットフォームが世界に満ちれば万々歳。iPAD-SAMUNG-FOXCONの最強タッグにGoogle-MEDIATDEK-中国ノーブランドが挑む図式ですが、後者に分があるでしょう。中国の賃金が上昇しても代わりはあるでしょうし。(2010/06/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長