• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

3年がかりで爽快な走りに仕上がった日産「リーフ」

航続距離200キロは予想外の健闘

  • 池原 照雄

バックナンバー

2010年6月23日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日産自動車が今年12月に日米で発売する電気自動車(EV)「リーフ」の試作車に試乗した。同社の追浜工場(神奈川県横須賀市)で近く始まる量産レベルの試作モデルは、“電動車両”独特の爽快な走りに仕上がっていた。EVの難点である航続距離も、筆者の想定を若干上回る水準となりそうで、意外だった。

 日産のEVに試乗するのは、ほぼ1年ごとに3度目。2008年はコンパクトミニバンの「キューブ」、昨年はハッチバック「ティーダ」をベースにした車両であり、いずれもリーフにつながる先行試作車だった。

画像のクリックで拡大表示

 各バージョンともEVならではの加速性能は際立っていたが、「キューブ」版はとりあえず電池を大量に積んで走り始めたという段階だった。電池の収容を優先したためバランスが悪く、重い荷を背負って走るトラックのような感覚だった。

 「ティーダ」版は電池レイアウトや車体が、よりリーフに近いものになり、俊敏さは格段に増した。だが、風切り音など走行時の騒音対策には改良の余地があった。

「乗って楽しい」を追求したクルマ

 そして「リーフ」の量販試作車。試乗前に志賀俊之COO(最高執行責任者)から「エコが要件のクルマではあるが、自動車会社がつくるEVなので『乗って楽しい』を追求した。楽しんでください」と言われた。

 ベンチャー企業が、電池とモーターとインバーターを買ってきて組み立てたEVとは違う。安全性の徹底追求を含め、長年の自動車製造業者としてのノウハウを投入したというわけだ。

 風切り音や空力に配慮した車体デザインを採用したリーフは、静粛性が1年前の試作車より大きく改善されていた。加速時にはわずかだが、「ヒューン」というモーター音が聞こえるようにしており、軽快さを演出している。

画像のクリックで拡大表示

 電池を床下に集中配置するEV専用のプラットホーム(車台)を開発したことで、走行安定性も増した印象だ。

コメント0

「池原照雄の「最強業界探訪--自動車プラスα」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長