• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

産業再生には資本集約が不可欠だ

先行するアジア企業

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2010年7月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 企業にも産業にも技術にもライフサイクルがある。誕生し成長し、頂点に達し、衰退し、消滅してしまう。

 日本の造船業が確実な衰退のステージに入り始めたのは1999年ごろだ。1999年に受注シェアで韓国に抜かれた。それ以来、造船世界一の座を失った。

 ちょうどこのころ日本では、経産省と経団連が協力して、製造業を中心とした16業種の産業技術戦略を立案するプロジェクトがあった。2000年に国家産業技術戦略検討会が「国家産業技術戦略」として成果をまとめている。私も造船業の技術戦略作定を座長代理としてお手伝いした。翌2000年度からは、その戦略案を実行するための造船技術戦略会議の議長を務めた。

 様々な技術開発の案を作業部会につくってもらい、その実行のための枠組みづくりも行った。第1のテーマはライフ・サイクル・バリュー(LCV)船の開発である。

 簡単に言えば、10年間保証する高品質の船を開発し、長いライフサイクルの間で、最も価値のある船を提供するというものだ。製造はもちろん、販売、メンテナンスサービスまで含めたトータルで価値を提供する。さらに、検査機関や保険会社も巻き込んで取り組むことをうたった。

 現在でも船の保証期間は1年である。納品の1年後に実施する保証ドックでの検査までが保証範囲である。私も入社3年目に、長崎にある三菱重工のドッグに検査のために赴いたことがある。就航後1年経って検査のためドック入りしたあるタンカーに発生したプロペラのトラブルについての説明を船主にするためだ。プロペラの状態を見るためにプロペラの中心軸のところまでよじ登ったのだが、降りるのが難しくて苦労した。20万トンタンカーのプロペラの直径は約10メートルあるので、地上8メートルぐらいのところから転落しそうになったのだ。

 1年間の航海中に、その船のプロペラにはキャビテーションという現象で穴があいていた。私は修士論文でキャビテーションの研究をしただけだったのだが、一応その道のプロだったので船主の方に言った。

 「大丈夫です。この程度の損傷では性能に影響は出ません」。

コメント6件コメント/レビュー

今回の宮田先生の主張は、大筋で合意できます。おっしゃるとおりだと思います。しかし・・・コラムの〆の部分にある、「日本が技術ガラパゴス島になってグローバル技術世界の中で転落しないために・・・」というくだりは、あまりに唐突に「ガラパゴス」という言葉が出てくるので、非常に違和感がありました。「資本集約できないとガラパゴス化する」というのでしょうか?そこに来るまでそのような論理付けがなかっただけに、最後の最後で納得できませんでした。(2010/07/20)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今回の宮田先生の主張は、大筋で合意できます。おっしゃるとおりだと思います。しかし・・・コラムの〆の部分にある、「日本が技術ガラパゴス島になってグローバル技術世界の中で転落しないために・・・」というくだりは、あまりに唐突に「ガラパゴス」という言葉が出てくるので、非常に違和感がありました。「資本集約できないとガラパゴス化する」というのでしょうか?そこに来るまでそのような論理付けがなかっただけに、最後の最後で納得できませんでした。(2010/07/20)

まったく同感です。技術立国と口では言っても技術は真似されます。技術は買えます。半導体業界の凋落は技術を買われてしまったことに原因があります。韓国は日本と同じ工作機械(半導体製造装置)を買って、日本を定年退職した60代のエンジニア(大手半導体企業の技術者)を雇ったのです。現在電池業界で同じことにならないと誰が言えるでしょうか?工作機械メーカーの輸出を止められますか?定年退職したエンジニアの再就職を止められますか?遅かれ早かれ技術の流出を防ぐことができないのであれば、経営で勝負するしかないのが日本の現状だと思います。(2010/07/19)

これまで、数値シミュレーションを用いた理論的経営改革を、と提唱されていた教授の論法としては合従連衡の規模の理論を追わなかったから衰退した…との趣旨は少々残念です。経営解析をした結果、規模を追わずとも、新しい経営手法を見出し、日本の造船業界の進む道を見出した。と言うお話を伺いたいと思います。それがLCV船であったと言うのでしたら、そのあたりの具体的なお話をお聞かせ願いたいです。(2010/07/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授