• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

良い不当表示か悪い不当表示か、排気量をモノサシにするのはやめましょう

  • 浜田 基彦

バックナンバー

2010年7月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「本当に難しかったのは技術そのものではない。マーケティング部門を説得することだった」。ドイツVolkswagen社で1.2リットル直噴ターボエンジン開発の指揮を執ったHermann Middendorf氏は笑う。

Hermann Middendorf氏。元々はディーゼルエンジンの設計者で、ディーゼルが大好き

 同氏が造ったのは“ダウンサイジングエンジン”と呼ばれるものである。排気量を思い切り小さくし、その代わりターボチャージャで思い切り空気を押し込む。プラスマイナスゼロで出力は普通。出力を狙った昔のターボ過給エンジンと違い、燃費を狙ったエンジンだ。ハイブリッド車より、燃費の改善シロが小さい代わり、価格、質量の負担も小さい。とっつきやすい省燃費車である。

 ダウンサイジングエンジンについて18ページの長い記事を書き終えたところである。技術誌である『日経Automotive Technology』には書きにくかった話があるので、ここに紹介する。

 Middendorf氏が言うマーケティング部門の抵抗というのは、イメージのことである。「排気量1.2リットル」というのは、響きがあまりにしょぼい。一緒に試乗会に行った自動車ジャーナリストさんが書いたものを読むと、動力性能を素直に評価している人がほとんどいない。「1.2リットルにしては」「1.2リットルとは思えないほど」「1.2リットルなのに」…。「1.2リットル」が頭にこびりついて離れないようだ。

1.2リットルのダウンサイジングエンジンを積んだドイツVolkswagen社の「ポロ」。ポロは元が1.4リットルだったからそれほど驚かないが、「ゴルフ」だと元が1.6リットルなので“ダウンサイジング感”が強い

 排気量が小さいという印象を弱めるためか、ドイツDaimler社は名前を一ひねりした。同社は排気量1.8リットルのダウンサイジングエンジンを開発して、メルセデスベンツ「Eクラス」「Cクラス」に積んだ。同社のクルマの名前は排気量をccで表示した数字の上3桁を並べることが多いので、素直には「E180」「C180」になるのだが、それをしなかった。Eクラスを「E250CGI」、Cクラスを「C200CGI」とした。

 実力相応なので何もやましいことはないのだが、「昔から数字は排気量を示すものだ」と考えている頑固者が見れば“不当表示”である。

コメント9

「浜田基彦の「走る 曲がる 止まる」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO