• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

はるかインドの農村で突撃! 隣の晩ご飯?

日本に住んでいては想像できない、新興国驚きの購買力

2010年7月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 隣、と言うには遠く離れた新興国、インド。その中でも人口の70%超、約8億人が住む農村部。今回、紹介するのは、インドの農村への家庭訪問。そこで行ったインタビューと少しばかりの写真である。

インド農村の風景と晩ご飯

 まずは、インド農村(今回は、マハーラシュトラ州プネ近郊の農村)の風景をご覧いただきたい。

農村へ向かう途中。壮大な送電線がそびえたっている。(撮影:筆者、以下同)
使い捨てカメラを渡し、村で子供たちに撮影してきてもらった1枚。少し格好つけた様子。カメラの使い方は既に知っていた。
インドでは、牛フンを乾燥させ、料理の火をつけるのに利用するなど、燃料として用いられる。村で散見される風景。臭くはない。
続いて、農村の小学校。制服がある。皆、地面に座り、ノートをとる。
地方言語、ヒンディ語に加え、英語、算数などを学んでいる。皆、「勉強が好きだ!」と声を揃えて言う。
学校が終わると、水汲みの手伝い。これは女の子の仕事。頭の上に乗せたり、脇に抱えて運んだり。農村における女性の役割は多い。

コメント3件コメント/レビュー

これは面白いレポートですね。恐らくごく普通のインドの農村なのだと思いますが、写真で見るような生活水準の人が8億人いて、その水準と購買意欲が徐々に向上しているということは、5年後・10年後のインド全体の市場は想像している以上の大きさなのだろうと感じました。私たちの頭には、スラムのようなことさらに貧しいイメージが植えつけられていて、「成長するといってもまだまだ製品を売るには・・・」という先入観があるように思います。インドネシアやケニアにも興味はありますが、引き続き、より彼らの生活に生活に密着したインドへの潜入レポートを期待します。(高)(2010/07/29)

「クラウドの先を読む 産業パラダイム・チェンジ」のバックナンバー

一覧

「はるかインドの農村で突撃! 隣の晩ご飯?」の著者

高田 広太郎

高田 広太郎(たかだ・こうたろう)

Diixi Pte. Ltd. 執行役員

前職は野村総合研究所。電機、情報・通信産業の顧客を対象に、事業のグローバル展開や新規事業を生み出す支援のプロフェッショナル。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

これは面白いレポートですね。恐らくごく普通のインドの農村なのだと思いますが、写真で見るような生活水準の人が8億人いて、その水準と購買意欲が徐々に向上しているということは、5年後・10年後のインド全体の市場は想像している以上の大きさなのだろうと感じました。私たちの頭には、スラムのようなことさらに貧しいイメージが植えつけられていて、「成長するといってもまだまだ製品を売るには・・・」という先入観があるように思います。インドネシアやケニアにも興味はありますが、引き続き、より彼らの生活に生活に密着したインドへの潜入レポートを期待します。(高)(2010/07/29)

この農村の家計簿を見せて欲しい。(2010/07/29)

恐らく、統計上の「インドの年収10万円」とは、実際は「現金収入年10万円」を意味するのではないでしょうか?つまり、自給自足の部分が大きいため、10万円に占める可処分所得の割合が日本よりはるかに高いのではないでしょうか?(2010/07/29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長