• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

変化を勝機に! 10年後の自動車産業を考える

リチウム電池の技術が自動車を変える

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2010年8月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 私の研究室の学生たちが20年来の行きつけにしている根津の舶来居酒屋「天井桟敷の人々」は、相変わらず経営危機にある。70歳を越えたママの年金を人件費に充てるありさまである。なぜか私は「天井桟敷を潰さない会」の会長に推されている。いや、既になっているのもしれないのだが、自分では分からない。いずれにしろ、しょせん資金力のない大学教員だから、なるべく頻繁に訪れるぐらいしか経営支援ができない。私にとって、大切な店である。この店で何度、学生達と有意義な議論をしたことか。もっとも、それは午後8時半までだけのことで、その後はハチャメチャになるのが通常だったが。

 ある日、この店の顧客の一人であるマスメディアの方からメールが来た。ドイツの高級自動車メーカーBMWが主催するプレス向けセミナーのパネルディスカッションに出てほしいというのだ。当日まで3週間を切っていたときだったから、よほどの事情があったのだろう。20年来の付き合いがある居酒屋を使って私に依頼してくるのは、高等手段だ。

BMWの環境対応車、Mine-Eに試乗した

 こんなイレギュラーないきさつで、6月のある日、東京ビッグサイトで行われたBMWのプレス向けセミナーのパネリストになった。5人のパネリストは環境省の方、電力会社の方、BMWのマーケティング担当と技術開発担当の方、それに私の5人だった。

 BMWの技術者の方との出会い、開発中のBMWの環境対応車とのめぐり合いは大変有意義だった。

 環境対応車の開発を担当する執行役員のクランツ氏とは、セミナーの前や、電気自動車Mine-Eに試乗するとき、いろいろと議論できた。私も基本は技術者だからお互いに理解し合えることが多い。

 私は聞いた。
 「どうしてこんなに回生制動を強くしたのですか」

 彼の答えは、
 「やはり摩擦でエネルギーを損失させるのはもったいないからね」

 彼は電池の冷却にこだわっていた。
 「Mine-E は空冷にしているけど、水冷の方がいいかもしれない。なんで日産リーフに冷却システムがないのだろう」。

 電池の専門家ではないけれど、私は答えた。
 「電池にもいろいろありますからね。冷却のやさしいラミネート型電池の方が車に適しているかもしれませんね」。

自動車産業に経営革新を迫る、リチウム電池の技術革新

 世界中の自動車メーカーは技術革新の荒波にもまれている。内燃機関の世界からハイブリッド車、電気自動車の世界へ変わりつつあるのだ。2020年に電気自動車の生産台数は全自動車の10%、年産600万台というのが想定シナリオのようだが、世の中の動きはもっとダイナミックかもしれない。 

 世界中の自動車メーカーが商品モデルとビジネスモデルの革新を競うことだろう。100年にわたって往復動エンジンを使った自動車産業は産業社会を引っ張ってきた。しかし、石油を使う往復動エンジンから電気モーターへの変化はあまりにも大きい。

コメント1

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授